menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
スペイン下院、同性婚認める民法改正案を可決

 スペイン下院は21日、同性間の結婚を認める民法改正案を賛成183、反対136の賛成多数で可決した。

 上院での可決も確実で、6月にも法案成立の見通し。欧州で同性婚が認められるのはオランダ、ベルギーに続いて3か国目。

 民法改正により、同性婚の2人には、男女の夫婦と同様、養子縁組、年金受給、相続、離婚などの法的権利が付与される。

(引用:読売新聞4月22日22:39付記事

 なんとスペインでも同性婚が認められることとなりそうです! カトリックが有力なこの国で同性婚実現となる見込みとなったのは、先の列車爆破テロでサパテロ社民労働党政権に交代したのが大きく影響したのでしょう。

 翻って日本では、議論の声すら聞こえませんね、哀しいほどに。当事者や専門家の間でも賛否が割れるトピックではありますが、とにかく全くの沈黙というのは、レズビアン・ゲイはもちろん、LGBIT全体にとって不幸なことではないでしょうか。

 個人的には多いに大賛成、実現すべきだと思っています。

執筆者 ゆ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。