menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
月曜ランチ読書会・最終回予告 ~砂川秀樹さんを迎えて
suna.jpg

 CGS・ sumposion共催読書会「パレードを通して、カミングアウトを考える。」、第6回は都合のつかないメンバーが多かったため、見送りとなりました。
 6月12日(月)に開催される最終回では、第6回で読めなかった、「東京レズビアン・ゲイパレード2000座談会 すごく暑かったし、すっごく楽しかった。」を、著者である砂川秀樹さんを特別ゲストとしてお迎えして、一緒に読む予定です。

 最終回で読む文章は、砂川秀樹さんを始めとした、TLGP2000に関わりの深い5名による対談を起こしたもので、TLGP2000がどのようなパレードであったのかが記されています。パレードの意義、それが抱える問題点などを確認したうえで、私たち自身が、パレードを、カミングアウトして主張することを、どう捉え、実践していくべきなのかを、一緒に考えていきましょう。
 特別ゲストとしてお迎えする砂川秀樹さんは、TLGP2000の実行委員長を務められ、現在はTLGP2005・2006の運営母体であるTOKYO Prideの代表理事に就いておられる、近年の東京におけるLGBITパレードの立役者です。読書会の最終回に砂川さんをお迎えすることは、運営者がパレードをどのような想いで立ち上げ、そして今まで続けてきたのかを伺う絶好のチャンスとなると同時に、参加者である私たちが、パレードにどう向き合っていくのかを考える最高の機会であると言えるでしょう。砂川さんに質問を投げかけるだけではない、参加者同士の活発なディスカッションができることを期待しています。

 コピーは今回も、CGSに用意してあります。是非ピックアップしてください。
 なお、尾辻さんの「カミングアウト」はICU学内の三省堂でも発売中です。興味のある方は、是非お買い求めください。

/ / / / / / / / /

CGS・Sumposion共催読書会「パレードを通して、カミングアウトを考える。」

日時:毎週月曜日 12時50分~13時40分(ランチタイム)
   最終回は6月12日(月)

場所:ジェンダー研究センター(CGS) ERB-301
   レインボーフラッグが目印!
   本館寄りのエレベーターを降りてすぐのところにあります。

持ち物:お弁当など(お持ちの方はリーディング文献)
    食べ物はありませんが、お茶は各種用意してあります。

次回のリーディング:砂川秀樹・監修「パレード〈東京レズビアン&ゲイパレード2000の記録〉」>amazon.co.jp

共催:ジェンダー研究センター(CGS)
    http://subsite.icu.ac.jp/cgs/
   ICU LGBITサークル・Sumposion
    http://lgbit.blog6.fc2.com/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。