menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
月曜ランチ読書会第5回報告&第6回予告
suna.jpg

 CGS・ sumposion共催読書会「パレードを通して、カミングアウトを考える。」、第5回はやや小規模の6名で、尾辻かな子さん講演会『「虹色」の社会をめざして』の感想をシェアしたのち、砂川秀樹さんの「パレード〈東京レズビアン&ゲイパレード2000の記録〉」(ポット出版)より、「パレードが始まった日。」を読みました。


 私たちがシェアした講演会の感想のなかで、一番のキーワードは「怒り」でした。それは、自分の思う通りに生きられない社会への「怒り」であり、目の前の誰かの言葉や行動に感じながらも言い出せない憤りとしての「怒り」でもあります。「怒り」を「怒り」として共有できる環境も必要ですが(その点において、CGSやsumposionという「場」を持つ私たちは恵まれていると言えるでしょう)、「怒り」を相手に伝えるときにうまくコントロールできなければ、他者との関係性のなかで非常にネガティブな影響力を発揮し得ます。その反面、「怒り」の感情は、原動力となる意味ではポジティブなものともなり得るものです。自分自身の人生のなかで、ふれあってきた様々な人々の人生のなかで、感じてきた「怒り」こそが、尾辻さんの活動の原動力のひとつであったのではないか、と、私たちは考えました。
 その一方で、私たちが共通して感じたことは、尾辻さんは非常にポジティブな印象の人であり、happyな気持ちを共有させてくれる人だった、ということです。そしてまた、この講演会自体が、とてもhappyな場であった、ということです。「怒り」を持ち、社会を突き動かしていくエネルギーに変えてきたなかで、自分らしく生きることを実践してきた尾辻さんのhappyな気持ちにも触れることができたことは、私たちにとってもまた、大きなエネルギーとhappyな気持ちを与えてくれる経験であったと思います。
 また、尾辻さんや木村さん(尾辻かな子事務所スタッフであり、尾辻さんのパートナーでもある方です)が繰り返していた、「あと10年経てば、社会は絶対に変わる」という言葉は、私たちにとっても大きな意味を持つメッセージでした。90年代のリベレーションの影響を受けた尾辻さんの世代は、あと10年のうちに社会的に大きな影響力を持ちうる世代へと成長していきます。その世代交代によって社会は変わり得る、と、尾辻さんらは繰り返していました。10年後に私たちは、今の尾辻さんと同じ場所に立つことになります。尾辻さんに「立派な他者」として任せきることなく、私たちもまた、この10年間で成長していかなければならない。そのような想いもまた、シェアすることができました。

 さて、尾辻さんの行動の原動力のひとつとして、私たちは「怒り」の感情を挙げたことは先に述べた通りですが、パレードが始まった原動力もまた、「怒り」であったことは、「パレードが始まった日。」を読んでも明らかです。しかし、今日のパレードは、「怒り」をその原動力のひとつとしながらも、それぞれが思い思いの姿で、思い思いのことを主張する場として成り立っています(例えば、「真面目な」プラカードを掲げて歩く人がいれば、ドラァグで自分のメッセージを放つ人がいるように)。そのような場があることに、そのような場に、私たちはどのように関わっていくべきなのでしょうか?

 次回は「パレード」より、「東京レズビアン・ゲイパレード2000座談会 すごく暑かったし、すっごく楽しかった。」を読みます。
 この文章は、TLGP2000の実行委員長だった砂川秀樹さんを始めとする5名による対談を起こしたもので、TLGP2000がどのようなパレードであったのかが記されています。パレードの意義、それが抱える問題点などを確認したうえで、私たち自身が、パレードを、カミングアウトして主張することを、どう捉え、実践していくべきなのかを、一緒に考えていきましょう。

 コピーは今回も、CGSに用意してあります。是非ピックアップしてください。
 なお、尾辻さんの「カミングアウト」はICU学内の三省堂でも発売中です。興味のある方は、是非お買い求めください。

/ / / / / / / / /

CGS・Sumposion共催読書会「パレードを通して、カミングアウトを考える。」

日時:毎週月曜日 12時50分~13時40分(ランチタイム)
   次回は6月5日(月)

場所:ジェンダー研究センター(CGS) ERB-301
   レインボーフラッグが目印!
   本館寄りのエレベーターを降りてすぐのところにあります。

持ち物:お弁当など(お持ちの方はリーディング文献)
    食べ物はありませんが、お茶は各種用意してあります。

次回のリーディング:砂川秀樹・監修「パレード〈東京レズビアン&ゲイパレード2000の記録〉」>amazon.co.jp

共催:ジェンダー研究センター(CGS)
    http://subsite.icu.ac.jp/cgs/
   ICU LGBITサークル・Sumposion
    http://lgbit.blog6.fc2.com/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。