menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
月曜ランチ読書会第4回報告&第5回予告
otsuji_comingout.jpg
 CGS・ sumposion共催読書会「パレードを通して、カミングアウトを考える。」、第4回は他大学からの参加者も含めて9名で、尾辻かな子さんの「カミングアウト~自分らしさを見つける旅」(講談社)から第4章「政治の現場で」を読みました。
 今回は、なぜ政治の世界で尾辻さんはカミングアウトすることを選んだのか? また、しなければならなかったのか? というポイントが、一番の議論の焦点となったように思います。LGBITの人権問題について語るとき、自分自身が同性愛者である・レズビアンである、と公言しなければ、自分の気持ちにとってよくないことは無論のこと、他者にとっても説得力のある言葉とはなり得ない、という現実。この現実は、LGBIT非当事者にとってもまた、「私がどんなにLGBITの人権について語っても、所詮は他人ごと・綺麗ごととしてしか捉えられないのではないか?」というジレンマとして、降りかかってくるものです。自分が当事者であるか否かに関わらず、カミングアウトをして語ること・カミングアウトが必要とされる語りがあることの難しさが、今回の読書会を通して共有できたのではないかと思います。

 来週は、尾辻さんの講演会の準備につき、1回お休みとなります。
 次回は再来週の5月29日(月)に、砂川秀樹・監修「パレード〈東京レズビアン&ゲイパレード2000の記録〉」より、「パレードが始まった日。 その歴史と広がり」を読みます。

 5月29日は、まず、尾辻かな子さん講演会の感想をみんなで交換し合いたいと考えています。尾辻さんの講演を聞いて、あなたがどう思ったか。どう感じたか。その気持ちを共有することから、パレードに向けての準備をいよいよ始めていきたい、と考えています。

suna.jpg

 また、以降の回のリーディングは、砂川秀樹・監修「パレード〈東京レズビアン&ゲイパレード2000の記録〉」となります。この本は、「東京レズビアン&ゲイパレード2000」の実行委員長であった砂川秀樹さんが、パレードに関連した文献・写真をあまさず網羅したものです。各種マスコミ媒体の記事や、パレードや関連イベントに参加した個々人がウェブサイトにアップした文章、パレード及び関連イベントの主催者などによる座談会など、多くの記事が収録されています。
 5月29日にはまず、砂川さんが執筆された、「パレードが始まった日。」を読み、改めて、パレードとはいったいどのようなイベントなのかの概観を、歴史的な面から見ていきたいと思います。

 コピーは今回も、CGSに用意してあります。尾辻さんの「カミングアウト」のコピーについても、残部が多少ありますので、講演会前に興味のある方は、是非ピックアップしていってください。

/ / / / / / / / /

CGS・Sumposion共催読書会「パレードを通して、カミングアウトを考える。」

日時:毎週月曜日 12時50分~13時40分(ランチタイム)
   次回は5月29日(月)

場所:ジェンダー研究センター(CGS) ERB-301
   レインボーフラッグが目印!
   本館寄りのエレベーターを降りてすぐのところにあります。

持ち物:お弁当など(お持ちの方はリーディング文献)
    食べ物はありませんが、お茶は各種用意してあります。

次回のリーディング:砂川秀樹・監修「パレード〈東京レズビアン&ゲイパレード2000の記録〉」>amazon.co.jp

共催:ジェンダー研究センター(CGS)
    http://subsite.icu.ac.jp/cgs/
   ICU LGBITサークル・Sumposion
    http://lgbit.blog6.fc2.com/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。