menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
同性パートナーシップの法的保障を考える全国リレーシンポジウム「Rainbow Talk 2006」が開催
RT_banner_l.gif

 同性パートナーシップの法的保障を考えるリレーシンポジウム「Rainbow Talk 2006」が、全国4都市5会場にて開催されます。この手のものとしては、史上空前の規模と言えましょう。東京での参加は3月5日(日)と4月16日(日)の2会場。どなたでもご参加いただけますので、お気軽に、ぜひともご参加ください。
詳細は以下の通りです。または、Rainbow Talk 2006の公式ページへ!
(※以下、ML、BBS、ブログ等に転載大歓迎です。)

■■■Rainbow Talk 2006■■■
同性パートナーの法的保障を考える全国リレーシンポジウム
~ この街で、一緒に 生きていくために ~

http://homepage2.nifty.com/rainbowtalk2006/

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーなど、
日本の婚姻制度では保障されていない人間関係を築いている
人たちに関する問題を話し合うためのシンポジウムを開催します。
どなたでも参加できますので、是非ご参加を!

大阪>>> 東京>>> 香川>>> 札幌>>> 東京

大阪●2/26 14:00- (エル・おおさか)問合せ rainbowtalk_osk@yahoo.co.jp
東京●3/5 13:00- (学習院大学)問合せ rt2006-tokyo@hotmail.co.jp
香川●3/19 13:30-(高松市女性センター)問合せ proudinkagawa@hotmail.com
札幌●3/26 19:00-(札幌市男女共同参画センター)問合せ info@rainbowmarch.org
東京●4/16 13:30-(東京YMCA山手センター)問合せ agp200604@yahoo.co.jp

※詳細はホームページをご確認下さい。
http://homepage2.nifty.com/rainbowtalk2006/




 なお、3月5日のシンポジウムには、私、ゆ@シンポシオンも関わっております。したがって、さらに強力プッシュです(いや、他会場にもぜひとも足をお運びくさいね 笑)。でも実際3月5日会場は、家族法/民法学者で同性パートナーシップに関してもお詳しい棚村政行教授を皮切りに、尾辻かな子大阪府議ほか、豪華メンバー勢揃いでお送り致しますので、期待は裏切らない。。。はずです!

詳細は以下のとおりです。または、3/5東京会場のホームページへ!
(※以下、ML、BBS、ブログ等に転載大歓迎です。)

Rainbow Talk 2006 ―東京(第1回)―
シンポジウム「同性カップルの生活と法律」

http://mucho.girly.jp/rt-tokyo/

[趣旨]
このシンポジウムでは、さまざまな状況におかれている同性カップルの当事者たちの声を通して、当事者たちの日常生活における不安や不満を理解するとともに、日本における同性カップルへの法的保障の可能性について、法律の専門家を交えながら、現状と展望を考えてみたいと思います。

[プログラム]
日 付:2006年3月5日(日)

時 間:12:00開場 13:00開演 (16:00終了予定)
場 所:学習院大学(JR山手線目白駅徒歩1分)西5号館302教室
主 催:LOUD(レズビアンとバイセクシュアル女性のためのセンター)
協力団体:ふぇみん婦人民主クラブ/反差別国際運動日本委員会(IMADR-JC)/ジェンダー法学会/国際基督教大学ジェンダー研究センター/ぷれいす東京/れ組スタジオ東京/諏訪ノ森法律事務所/同性愛者医療・福祉・教育・カウンセリング専門家会議(AGP)/セクシュアルマイノリティ教職員ネットワーク/性的マイノリティと法研究会/VIVID セクシュアリティを考える会/性は人権ネットワーク Est Organization(ESTO)/同性パートナーの法的保障を考える有志ネットワーク/国際基督教大学LGBITサークル「シンポシオン」/フォーラム・アクエリアス(順不同、2/20現在、但しシンポジストの所属団体を除く)
参加費:500円(※下記お問い合わせ先まで、事前申込みにご協力お願いします)
備 考:写真展「Better Days」同時開催

・基調講演:棚村政行教授(早稲田大学法科大学院)
 「日本における同性パートナーシップの法的保障の可能性」

・パネル・ディスカッション:
 「当事者たちが問う 同性カップルの暮らしやすい社会とは」
尾辻かな子(大阪府議会議員、『カミングアウト:自分らしさを見つける旅』著者)
大江千束(LOUD:レズビアンとバイセクシュアル女性のためのセンター代表)
野宮亜紀(Trans-Net Japan(TSとTGを支える人々の会)運営メンバー)
石坂わたる(東京メトロポリタンゲイフォーラム共同代表)
藤生貴史(子をもつトランスの会 "クローバー" 代表)

[問い合わせ先]
運営事務局代表:谷口洋幸(日本学術振興会特別研究員)
〒171-8588 豊島区目白1-5-1 学習院大学法学部谷口洋幸研究室内
Email: rt2006-tokyo@hotmail.co.jp
Tel: 03-3986-0221(内線3509) Fax: 03-5992-1227(直通)
※本シンポジウムは学校法人学習院の行事ではありません。大学側へのお問い合わせはご遠慮ください。

[Rainbow Talk 2006 他会場の日程]
大阪(2/26)、香川(3/19)、札幌(3/26)、東京(第2回)(4/16)
http://homepage2.nifty.com/rainbowtalk2006/



(ゆ@シンポシオン)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。