menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
結婚パーティー開催のゲイ26人逮捕 アラブ首長国連邦

 アラブ首長国連邦の警察当局は、結婚パーティーを開いたとしてゲイの男性ら26人を逮捕した。同国では同性愛は違法。警察幹部が逮捕した男性らにホルモン投与などを行うと発言したことから、米政府が懸念を表明する騒ぎとなっている。

 ロイター通信などによると、アブダビ郊外のホテルで11月、26人が男性同士の結婚パーティーを開いていたところ、警察に逮捕された。イスラム教が同性愛を禁じているため、イスラム圏の多くの国で同性愛は犯罪となる。アラブ首長国連邦の場合、最高でむち打ちと懲役5年の刑。

 警察幹部は「違法な性的指向を治療するため、ホルモン投与を含む医学的、心理的治療を行う」と述べた。これに対し、米国務省のマコーマック報道官は28日、「国際的な基準と法に従うべきだ」と語った。

 世界保健機関(WHO)は93年、「国際疾病分類」から同性愛の項目を削除。治療対象となる「障害」ではないとしており、日本も同様の基準を採用している。
asahi.com 2005年11月30日19時44分

 ひさしぶりに書いてみます(笑)なんせびっくりしてしまったもので。あ、祝10000アクセスですね!

 イスラム圏でのLGBに対する迫害は、以前当サイトでもふれたイランでの少年処刑事件にもみられるように厳しいものですが。。。「結婚パーティー」(この表現では性行為は伴わないのでしょう)をしただけで逮捕とは驚きました。

 しかも警察幹部のコメントにもびっくり。ホルモン投与で治療可能であると考えているのでしょうか。性犯罪の常習者であっても去勢は許されないわけで、仮にホルモン投与で同性愛傾向が「治った」としても重大な人権侵害であることは言うまでもありません(もっとも、イスラム圏に「人権」などないと言ってしまうならばそれまでなのですが)。

 さらに興味深いのは、アメリカ政府の対応です。日本政府(のスポークスパーソンたる官房長官)がこのようなコメントを出してくれるとは到底思えないな、とついついため息をついてしまいました。

(ゆ@シンポシオン)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
▼ あらら。
私もこの記事を見て、鼻血が出そうになりましたね。共和党のアメリカ政府もちゃんとコメントを出してくれていて、頼もしいですね。40年前に自分たちがしていたような「治療」は効果がないから、「禁欲セミナー」にしときなさいって感じのコメントかどうかはこの文脈からは読めませんが・・・

日本の官房長官は、政治的な発言は滅多にしませんよね。今の官房長官の宿敵のはずの北朝鮮に対してさえもけん制するようなコメントをしないのに、日本最大の石油輸出国には何も言えないでしょうね。

なんかアラブ首長国連邦の「違法な性的指向」という言葉は感慨深いものがあります。ってか、UAEは、犯罪という行為ではなく、性的指向で捕まえちゃったのね!?!?この事実は、単なる同性愛「行為」の取り締まりよりも重大なものだと思うのですが!!!
2005/12/01(木) 17:33:16 ・ K (URL) xH5E..Ak ・ [編集...]
▼ そうそう
 まぁ「結婚パーティーをした」という「行為」を取り締まっているのであって、一応内心を取り締まっているのではないのでしょうけれども。(というか、内心は取り締まりの対象ではないというのは近代法の原則ですが、それがイスラム法ではどうなっているのかはわからないので、そこまで踏み込めない)

 アメリカのコメントは、「確かに『治療』の対象とはすべきではないけど、厄介者であることには変わりないね」みたいな本心が聞こえてきそうなのは、被害妄想なんでしょうか(汗)

 っていうか書いた後に気づいたのですが、ホルモン投与って、何ホルモンを投与したら「治る」と思っているんでしょうね?? ゲイは女性っぽいから男性ホルモンを投与すれば男性に「治る」、などと思っているのかもしれないですが、逆にバリタチになってしまうかもーとか思ったり(笑) 逆に女性ホルモンを投与したらしたでバリネコ度合いを増してしまったりして(笑) それは冗談としても、男なら女を愛するもの(逆もしかり)という、まさにジェンダーバイアス。
2005/12/01(木) 18:14:32 ・ ゆ@シンポシオン (URL) yra9SvHk ・ [編集...]
おじゃまします。
私の調べたところ(下記blog参照)、
http://d.hatena.ne.jp/annojo/20051201/p1
同性愛だけでなく、女装も罪に問われたようです。
ホルモン治療は、おそらく抗男性ホルモンを投与し、化学的去勢をするのだと思います。
ただ、これに関しては、UAE側は否定して、事実関係は不明です。
2005/12/07(水) 22:12:56 ・ AJ (URL) - ・ [編集...]
▼ なろほどなるほど
 AJさん、ありがとうございました。勉強になります。

 花婿と花嫁を模していて、それが刑法にふれたということですね。やはり一応は外形的行為を取り締まっているということですね。(もちろん、許されるべきじゃないですが)

 強制治療に関しては「任意」らしいとは言え、去勢すると罪が減刑される(と取りざたされている)というのも、なんとも恐ろしい話です。イスラム法について、コメントについていた伊東さんの見解も参考になりました。
2005/12/08(木) 18:20:00 ・ ゆ@シンポシオン (URL) yra9SvHk ・ [編集...]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。