menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
東京レズビアン&ゲイパレード2005 フォトレポート
Parade8130030.jpg

 はい、素直に認めます。とっても遅くなりました(笑)夏休みとはいえ、なにかと忙しい時期なので、何卒お許しくださいませ。それでは、ゆ@シンポシオン的TLGP2005フォトレポートをお届けします。
Parade8130008.jpg

 8月13日(土)、前日までの悪天候が長引きパレードは中止かと思いきや、奇跡の晴れ(とは行かないまでも長い距離歩くにはちょうどいい曇り具合)。我らがシンポシオン+ICUジェンダー研究センターは、なんとか一番先頭のフロートを確保。


Parade8130022.jpg

 HIV、エイジングという2本のシンポジウムの後、フロートの紹介が盛大に行われる。その後、トランスジェンダー当事者で世田谷区議である上川あやさんと、レズビアンであることをカミングアウトしたばかりの大阪府議である尾辻かな子さんの挨拶。本当に「世界は確実に変わってきている」(上川さんの弁)と感じ、かなり感動してしまいました。


Parade8130025.jpg

 出発前、整列中の私たち。数百メートルにも続く隊列の中、先頭フロートのかなり前の位置を確保に成功。


Parade8130030.jpg

 とうとう出発! オネハがガンガンかかる中「私たちはレズビアンです、私たちはゲイです。。。」というアナウンスとともに渋谷・原宿の繁華街を闊歩(笑)


Parade8130034.jpg

 正直参加するまでは、歩いたところで何になるのだろう、との疑問がなかったわけではなかったが、参加してわかることもあるものです。
 まず、カミングアウトをする気持ちよさ。私は主に「同性婚の実現を!!」というプラカードを掲げて歩いたのだが、少しでも沿道の「一般の人たち」にこの主張が届けられるかと思うと、自然とワクワク。
 加えて、3500人(主催者発表)という参加者と共につくりあげるという連帯感。別に「ゲイは自分ひとりではないか」と考えてるわけではないはずの自分でさえ、多数の当事者とともに実際に渋谷・原宿の公道を歩けるということは、とてもエンパワーメントされることだった。


Parade8130035.jpg

 このプラカードのおかげで、いくつかのメディアにも取り上げられました!(ちなみに右が私で左が私のパートナー)
●MAINICHI Daily News (APが配信している写真とキャプション)
●日刊スポーツ「渋谷でレズ&ゲイがパレード」(共同通信が配信している記事と写真)
↑それにしても、3文字くらい長く「レズビアン」って書いてもらいたいもんですが。


Parade8130042.jpg

 約30~40分くらい(?)のパレードを終え、元の場所に帰還。曇り空であったとはいえ汗をたくさんかき、一杯のビールのうまいことうまいこと。会場内で尾辻さんを発見し、ちゃっかり一緒に記念撮影♪ 尾辻さん、私たち本当に応援してますよ! その証拠として本の宣伝もここでしておきます(笑)
Amazon.co.jp:尾辻かな子『カミングアウト―自分らしさを見つける旅』講談社

 こうして私のパレード初体験は終了したわけであるが、パレード終了後、突然のどしゃぶりの大雨。本当に奇跡の晴れだったんだなと思い、セクシュアル・マイノリティーズの明るい未来に思いを馳せる。。。(などと感傷に浸る間もなく近くのデパートに避難したのであった)

▽関連リンク(本文中にあげたもの以外)
●東京レズビアン&ゲイパレード公式ウェブサイト

(執筆者:ゆ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
▼ TLGPの写真
TLGPで、APとロイターが配信した写真、ヤフー・ニュースに掲載されていたものをうちのブログにはっておきました(既に一部はヤフーからは落とされてますから…)

http://transnews.exblog.jp/1536808/


それと一言だけゴーマンかましてよかですか?

>「世界は確実に変わってきている」(上川さんの弁)

「世界」という前に、まず世田谷を変えなよ(せめて、変える努力をしなさいよ)…(-_-;)
区議会にも数人知り合いがいるので、内部でどういう評判かは大体承知しています。ここには書きませんが、「数=力」と言われる政治の世界で、無所属ないし一人会派の議員が一般にどういう立場におかれているか、冷静に考えればすぐにわかるはずです。
2005/08/28(日) 03:35:33 ・ tn (URL) - ・ [編集...]
▼ 数は力なんですよね。
 数=力だと、少数者の政治的成功はかなり困難でしょうね。どのようにその成功を勝ち取っていくのかは永遠の課題と言えそうです。
 ただ、当事者だからといって政治に敏感なわけでもないし、当事者じゃないからといって私たちの味方にならないとは限らないわけで、一筋縄じゃいかないですね、ホント。事実「女性」は男性と約同数いながら、その政治的成功には困難を極めてきたわけで(参政権がなかった頃は「同数」とは言えないとはいえ)。
 やっぱり多数派に迎合しつつ、したたかにやってくしかない? ロビイング? 「特例法」のスピード可決に習って動くとか? うむむ。
2005/08/31(水) 09:56:07 ・ ゆ@シンポシオン (URL) yra9SvHk ・ [編集...]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。