menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
同性愛ではない男性同士が結婚へ・理由は税金対策 カナダ

同姓婚がOKなカナダでは別に珍しいことではないことではあるが、2人のカナダ人男性が結婚することを決めた。しかし、この男性たちは、同性愛者カップルではないのだ。ふたりともストレートなのだが、税金対策のために結婚するのだという。

結婚したのはビル・ダルリンプルさん(56)と、親友のブライアン・ピンさん(65)。ふたりは新しく制定されたカナダの同姓婚制度を利用して入籍しうまく活用している。

ビルさんもブライアンさんも、過去に女性と結婚し離婚している正真正銘のストレートだ。ブライアンさんは、先週バーに居た時に友人らも居るところで、ビルさんから”プロポーズ”をされたときに「冗談だろう」と思い、周囲を驚かせ笑われたという。

ABC振興会 2005年08月08日

この記事を最初に読んだときの感想は、いいんじゃない?って感じでした。ヘテロカップルも税金対策で結婚している人たちがいるだろうし。まぁ、ニュースになったのは、めずらしい同性婚だったからですかね。。。今回結婚した二人の男性は離婚暦があるらしく、私は税金対策で離婚せずに別居でもしとけばよかったのに・・・なんて思っちゃったりしています。しっかり離婚しているあたり、二人とも本当の「結婚」にはまだ夢を持っていたりするのかしら☆なんて感慨深く読みました。まぁ、税金よりも面倒くさかっただけなのかもしれませんが。

この男性に対して、

ふたりは、結婚によって受ける税金上のメリットを利用するだけで、ゲイ・レズビアンの人たちに対する侮辱的な意味はないと話している。ゲイ・レズビアンのための活動家でもある弁護士は「結婚は愛に基づいたものであるべきだ」と苦言を呈しているが、個人の権利と自由が優先されるべきであるので、反対はしないという。


なんて、おそらく長い間ホントに熱心に活動してきたんだろうなーって感じの弁護士さんが少しお怒りのようです。たしかに、切実な問題として取り組んできた人にとっては、こんなことされてはムカつきますもんね。日本で同性婚の法制化を進めるとしたら、反対派は絶対にこのニュースを使うんだろうな。

私個人としては、この弁護士さんのコメントがとても興味深かったです。このコメントから、おそらくカナダの同性婚運動は、「1.異性カップルは愛に基づいて結婚できるが、同性カップルはできない。2.愛と権利は平等である。3.よって愛しあう同姓カップルも結婚できるようにすべきだ。」という論理で行われたんだろうなと推測できます。たしかにこのような「愛と権利の普遍化」をしなければ、保守派や聖職者を敵に回してまで政治家は同性婚を可決しようとしませんよね。「結婚なんて国家が認める契約でしかないでしょう」と同性婚を求める当人が言ったら、切迫感がなくなっちゃいますもんね。

日本の同性婚の運動は、「愛」作戦で行くのでしょうかね?私としては、「個人の契約」としての結婚をやっぱり大事にしたいのですが。

執筆者 K.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
▼ 「結婚」取り止め
AFPによると、その「結婚」は取り止めのようです。トラバしておきます。
2005/08/14(日) 10:00:40 ・ tn (URL) mQop/nM. ・ [編集...]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
大阪府議が同性愛を公表 自伝を発売 (共同 2005/08/12) 大阪府議会の尾辻かな子議員(30)が12日、同性愛者であると公表、自伝「カミングアウト~自分らしさを見つける旅」(講談社)を13日に出版することを明らかにした。 現職議員が同性愛を公表するのは異例。2 ...
2005/08/13(土) 02:06:43 ・ TransNews Weblog Annex
管理人の承認後に表示されます...
2005/08/14(日) 10:01:03 ・
管理人の承認後に表示されます...
2005/08/15(月) 13:08:19 ・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。