menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
ニューハーフの収監者「性別変更」認められ女子房へ

 大阪拘置所(大阪市都島区)に収監されている20歳代の被告(覚せい剤取締法違反の罪で公判中)が、心と体の性が一致しない「性同一性障害」で男性から女性への性転換手術を受けていたことを理由に「男性として処遇されるのは耐えられない」として、戸籍上の性別変更を大阪家裁に申し立てて認められ、5月に女子用施設に移されていたことが9日、わかった。

 拘置所や刑務所などの行刑施設が、変更後の性で処遇を認めたケースは初めてとみられる。

(引用:読売新聞 2005年7月10日3時4分付

 記事の続きです。

 関係者によると、被告は「ニューハーフ」として飲食店で働いていたが、今年1月、知人宅で覚せい剤を使用したとして覚せい剤取締法違反容疑で大阪府警に逮捕された。

 数年前に性転換手術を受けていたが、戸籍上は男性のままで、起訴後に警察署から身柄を移された大阪拘置所でも男子用施設に収容されていた。

 実刑が確定した場合に服役する刑務所では、坊主頭にし、男性用の下着も着用しなければならず、被告は4月ごろ、「精神的に計り知れない苦痛を受ける」として、性同一性障害特例法による性別変更を申し立てた。

 特例法は昨年7月に施行され、性別変更の要件として、〈1〉成人〈2〉性転換手術を受けている〈3〉結婚していない〈4〉子供がいない――を挙げている。


 いろいろ言いたいことが山ほどなんですが、まずは、この記事のタイトルから。この記事の読売新聞のウェブ上のタイトルは、紹介の通り、

ニューハーフの収監者「性別変更」認められ女子房へ


です。

 「ニューハーフ」という用語は、風俗・芸能業界に従事する女装や性転換をした男性をさす俗語とされます(なお、TNJの用語集参照)。記事によれば、被告人は実際に自らの性転換を売りにして働いていたようですから、「ニューハーフ」と呼んでもいい対象かもしれませんし、自らを「ニューハーフ」と称していたかもしれません。

 しかしながら、自らのジェンダーアイデンティティと社会の「常識」のギャップに苦しんできた性同一性障害・トランスジェンダーの当事者の歴史を考えれば、なかなか容易に使える用語法ではありません。そのギャップ故に「まともな」職業につくことが許されず、風俗産業に就かざるを得ないという社会構造の結果として、そのギャップをあえて売りにせざるを得ない人々が「ニューハーフ」と呼ばれる人々の中に少なからずいます。しかも「ニューハーフ」という言葉は、しばしば、そのギャップ(つまり女っぽい男、時には同性愛男性)をののしるときに使われてきたという経緯もあり、差別的な用語法であると言えます。

 このように、差別的な意味合いを含みうる「ニューハーフ」という俗語を、タイトルおよび記事中に用いることに関しては、記者や編集者の側に、性同一性障害・トランスジェンダー、そして広くセクシュアル・マイノリティーズに関する理解に欠けているのではないかと疑わざるを得ません。

 また、ここではオンライン上に載っていた記事を全文引用させていただきましたが、読売新聞本紙上では、この2倍以上の記事量で、かなり大きく紹介されています(2005年7月10日読売新聞39面)。その本紙上のタイトルは、オンライン上のタイトルと違い、

男性、女子房へ 数年前に転換手術 「性別変更」認められ


です。ちなみに「元」という字を小さくしたのは、本紙上でも「元」という字がその後に続く「男性、女子房へ」よりも半分以下の大きさで書かれているのを忠実に再現してみたものです。

 さらにこの記事は、なんと1面、読売新聞題字左横の「きょうの紙面」というところにも紹介されているんです。そこでのタイトルもまた違って、

性転換の"男"拘置所女子房に


となっています。

 記事のタイトルって、オンライン、本紙記事、「きょうの紙面」でここまで違うものなんでしょうか? 「ニューハーフ」という記述はタイトルからは消えていますが、そのかわり「元男性」「元男」などという記述が入っていますね。しかもヤラシク「元」がちっちゃく。

 さて、そもそもこの記事の扱いは大きすぎるのではないでしょうか。昨年7月から施行されている「性同一性障害者特例法」は、法律上原則として、変更後の性別として取り扱うことを定めています(4条1項)。変更前の権利義務には影響を及ぼさないとの留保(同条2項)があるとはいえ、変更後の性別として取り扱うことは法律の要請です。決して記事にあるように、行政が変更後の性で処遇を「認める」、などという性質のものでもなく、女性に性別変更した者が女子房に移るというのは極めて当然の結果です。

 にもかかわらず、なぜ、かなりの文字の分量をさき、社会面の一番左上=4コママンガのすぐ右という目を引く配置をし、1面の「きょうの紙面」というコーナーで紹介までするのでしょうか? 性にまつわる社会の課題を取り上げるジャーナリズムというよりは、元男(=「本当」は男)の被告が女子房に入るという面白さ、おかしさ、滑稽さをただただ好奇の目で取り上げるゴシップに過ぎないのではないかと思います。「非典型的な」性のあり方を周縁化するような記事が、日本一の発行部数を誇る新聞上で展開されているわけですから、その罪は重い、と言わざるを得ないでしょう。

 なお、この事情の背景には、「男は坊主頭」などといった「規律」を強制し、何の疑問も差し挟まず男女別の管理を必然とし、人権が蹂躙されことを当たり前とするような、刑務所自体の問題があることは言うまでもないでしょう。(注・この被告は現在控訴審の公判中で実刑がまだ確定しておらず、刑務所には入所していません)

(執筆者:ゆ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
性転換手術の「元男性」拘置所で女性施設に (読売・関西発 2005/07/10) 大阪拘置所(大阪市都島区)に収監されている20歳代の被告(覚せい剤取締法違反の罪で公判中)が、男性から女性への性転換(性別適合)手術を受けていることを理由に「男性として処遇されるのは耐え ...
2005/07/11(月) 02:51:18 ・ TransNews Weblog Annex
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。