menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
欧州各地でゲイが大行進、同性婚容認求める=市長、閣僚も参加

【パリ25日】欧州各国の首都で25日、同性愛者のパレードが行われ、同性婚や養子縁組の権利および通常の男女の夫婦と対等の扱いを要求して街路を練り歩いた。パリでは主催者発表で約70万人、ベルリンでは約40万人が参加するか、沿道に出て見物した。

時事通信 2005年06月26日

パリのデモではリオのカーニバル風のものを含め数十台の山車が繰り出した。ホモセクシュアルの政治家であることを隠さないベルトラン・ドラノエ・パリ市長がデモの先頭を歩き、社会党や緑の党の指導者たちも行進に参加した。午後4時きっかりにデモは停止し、エイズ死者に3分間の黙祷をささげた。ドラノエ市長は国会が同性愛カップルの結婚を認める法律を成立させるよう訴えた。(2枚目の写真は25日のパリの同性愛者のデモ)

 欧州では、スペイン下院が今年、同性愛者同士の結婚、養子縁組を認める法律を通過させたことをきっかけに各国の同性愛団体が同様の法律の導入を要求する運動を始めている。ただし、スペインの法律は上院の承認がまだ得られていない。

 ベルリンのデモには山車59台が登場、同性愛のクラウス・ボーベライト市長、レナーテ・キューナスト連邦農相も参加した。ボーベライト市長は、同デモは平等を求める人たちの力を見せつけたものだと述べた。

 このほか、ポルトガルのリスボン、ギリシャのアテネなどでも同性愛者のデモが行われたが、参加者への嫌がらせもあった。〔AFP=時事〕



 ヨーロッパのプライドのニュースを聞くと、夏が来たなって気がします。微妙な季節感ですが(笑)

 しかし、時事通信の見出しは相変わらず同性愛者を嘲弄しているような印象を読者に与えます。「同性カップルのペンギン」での毎日新聞といい、日本のメディアのレベルの低さは、政治的マイノリティーにとって最大のハードルのような気がします。日本は発行部数ばかりが多い大衆紙しかないのが問題ですね。きっと。

 ところで、ヨーロッパの同性愛者の政治的環境は、やはりカミングアウトした政治家がいるってことが大きいですよね。日本でいえば、東京都知事が同性愛者でパレードの先頭で行進しているようなものですから。しかし、ヨーロッパは「進んでいる、進んでいる」とよく言われますが(私も言っていますが)、ヨーロッパのマイノリティーズやサポーターたちがこれまで努力し続けてきた歴史を見ずにヨーロッパの現状ばかり注目するのは、駄々っ子のようだと思います。日本でももしセクシュアル・マイノリティーズの人権を望むなら、これからも声を上げ続けなければいけません。もちろん、日本で活動し続けてきた、そして現在も活動している先駆者たちの汗も忘れずに。

東京の今回のパレードはどれくらい集まるのでしょうかね。楽しみです!

執筆者 K.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
▼ それにしてもうらやましい!(だだっ子)
 ホントすごいよね、カミングアウトした政治家が一緒に歩くんだもん。東京のパレードでは上川あやさんも参加するし、札幌のパレードでは市長が挨拶したとかあるけど、まだまだよね。

 あとポイントは、フランスでもドイツでもそれなりにパートナーシップが保障されているっていうところ。それにも飽き足らず(良い意味でね)、よりよい状況(正規の婚姻)求めていくパワーは凄まじいですよね。日本で例えばDP法が実現した後、このようなパワーを持ち続けることができるか。。。考えさせられます。
2005/06/29(水) 17:27:47 ・ ゆ@シンポシオン (URL) yra9SvHk ・ [編集...]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
欧州各地でゲイが大行進、同性婚容認求める=市長、閣僚も参加 (時事 2005/06/26)  【パリ25日】欧州各国の首都で25日、同性愛者のパレードが行われ、同性婚や養子縁組の権利および通常の男女の夫婦と対等の扱いを要求して街路を練り歩いた。パリでは主催者発表で約70万人、 ...
2005/06/27(月) 05:37:37 ・ TransNews Weblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。