menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
第14回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭情報
7月14日から7月18日まで青山のスパイラルホールで「第14回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」が開催されます。今年はウィメンズプラザでも開催されるそうです。
普段、一般の映画館で見ることのできない当たり外れの大きいコアなセクシュアル・マイノリティーズ関連の映画が集中的に見られます。私はこの映画祭が大好きで、ここ数年行っているんですが(お酒も飲めるし)、今年の注目映画は何でしょうかね。映画を選ぶときに選考基準になるのは人それぞれですが、この映画祭が対象にするようなマイナーな映画を選ぶときは、特に慎重になります(よね?)。今回、ウィメンズプラザで行われるドキュメンタリーは「はずれ」がないと思いますが、一般の作品はね・・・特にゲイ映画は大体パターンが決まっているので。カミングアウト物でヘテロ社会の中で強く生きていく系か家族葛藤系か、ストレートに恋するもの系か、モテなかった主人公が美形の恋人が出来てゲイでよかった系か、エイズ関係くらいでしょうか。この範疇以外のはあるかと思って探したら、ありましたよ。「プロテウス」という歴史物。歴史物の場合、歴史を扱う必要があったかが映画の分かれ道のような気がしないでもないですが、私の予想では・・・・
かわいい俳優が見たいなら「シュガー」だろうなという感じがします。といっても、かなり個人的な趣味ですが。でもコレ、マジで見たいかもー。
で、ゲイ映画の中で一番面白いだろうなと私が予想するヒト押しは、「ベアー・パパ」です。なんたって、一番リアルな世界でしょう(笑)映画を見るときくらい、笑いたいですしね。
あと、穴馬で「ミステリアス・スキン」かな。

レズビアン映画では「マンゴー・キス」が本命ですね。テレビドラマの1・2話を流す「エルワード」も違う意味で気になります。映画祭的にOKなのかなーって。いや、きっと「エンジェルス・イン・アメリカ」並に完成度の高いドラマでしょうね☆

ドキュメンタリーは同性婚を取り扱った「誓いますか?/誓います」がお勧めです。たぶん。この映画のあと、ゆ@シンポシオンさんが参加した「同性パートナーシップ」の勉強会と全く同じメンバーがディスカッションします。ゆ@シンポシオンさんの感想のセンスを確かめに参加するのもいいかもしれません。

映画祭ってもしかしたらどの映画が面白いのかって予想するのが一番楽しいかも♪
ってのは冗談ですが、本当に楽しいイベントなので、時間のある方は行ってみられたらどうでしょう?

執筆者K.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
▼ ICU卒業生の私もパネラーやりますよ
おおお、こんなグループがICUにできたんですね!東京メトロポリタンゲイフォーラムのNOVさんのところから飛んでまいりました。
85年卒業のかじよしみと申します。今でもいろいろICUキャンパスを徘徊しております。最近は「カミングアウト・コンサルタント」という肩書きで活動をしておりまして、上記映画祭の同じ日の別の、カミングアウトに関するシンポジウムで、パネリストやりまーす。これからどうぞよろしく。
2005/06/29(水) 20:27:40 ・ かじよしみ (URL) - ・ [編集...]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。