menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
登別・同性愛ペンギンの続報
 先日お伝えした登別の同性愛ペンギンのニュースゲイジャパンニュース上で、抗議活動が開始しているようです。抗議フォームはこちら水族館側からの返答により、すでに抗議活動を中止しています
 なお、このような抗議をサイバーテロだ、などと揶揄するブログも存在しますが、まったくの見当違いと言えます。仮に、

よもやペンギンには人間ほど複雑な性衝動を持ってはいないでしょうから、この現象をヒトにおける同性愛を説明する手がかりにはなりません。

ということが真だとしても、その現象を人間の同性愛と結びつけて反自然だとみなし、実際に隔離するに及んでいる水族館側=人間の行動それこそが問題視されるべきです。

 あるいは仮に、ペンギンを単なる営利目的物とみなし、それをどのように扱うかを決定する権利は所有者たる水族館側にあるのだ、と主張したところで、その権利を行使した結果、社会がどのような反応を起こすかまでをコントロールできるはずはありません。社会の一構成員として、特に水族館という生物を扱う準公的な機関は、行動した結果、起こる反応を受け止める責任があるといえるのではないでしょうか。

 また、

このメールアドレスは当然別の業務用途に使われているのに、返答もできないメールを大量に送らせる行為は営業妨害以外の何物でもありません。メールサーバーがパンクするおそれだってあります。

というような、多数の電子メールを送付するという行為が手段相当性に欠けるという主張もまた的外れです。一人の人が何百通も送るのは問題ですが、多数の人の意思を表示する方法としては正当なものでしょう。逆に、そのような多数の意思を迅速かつ適切に表示できる手法があるでしょうか。特にそのような意思表示がしばしばカミングアウトを含意するセクシュアルマイノリティーズにとっては、電子メールは正当な手段といえるのではないでしょうか。

(執筆者:ゆ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
▼ 私はこんな感じで書きました。
 ちなみにフォームは400字以内だったので、登別マリンパークニクスのHPにあったアドレスに、プライベートアドレスから送信しました。
 「URL」に登別マリンパークニクスのアドレスを載っけておきますね。

---

株式会社北海道マリンパーク
登別マリンパークニクス 担当者 様

前略
 私は、新聞等で伝えられております、登別マリンパークニクスが同性愛カップルのペンギンを隔離をする行動に、深い懸念を抱いております。

 確かにペンギンそのもの自体は貴水族館の「所有物」でありますから、ペンギンに対しどのような飼育をするか、本来的には自由と言えましょう。

 しかしながらその飼育方法に関して、外部がどのような反応を示すのかということに無頓着であってはいけないと考えます。同性愛が社会的に差別されている現状を考えれば、同性愛カップルたるペンギンを引き離すという行動がどれほどの社会に対するインパクトを持っているか、すなわち、社会全体のみならず貴水族館の客や従業員にも少なからずいるであろう同性愛者の尊厳を傷つけることを意味するのかは想像に難くないことと思います。

 加えて、動物愛護の観点から考えてみても、ペンギンにも人間と同様、同性愛行為を営む権利があるのではないでしょうか。

 動物学者の間でも意見は分かれるところではありましょうが、「科学者は動物界のいたるところで同性愛行動を発見し、捕獲された動物よりも野生の動物の方がその確率が高いということも分かっている」(引用、後述ニュース記事より)との見解もあり、動物の営みとしては必ずしも「異常」なものではないことが明らかにされつつあります。そうであるならば、今回の隔離は、日本国内の動物愛護法第二条の「動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、...その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない」とする基本原則に反する行動と言えるでしょう。

 以上の理由から、同性愛カップルのペンギンの隔離を中止されるよう、お願い申し上げます。

 ドイツの動物園でも、ペンギンの同性愛行為が問題となり、異性愛に「矯正」する試みがなされたことがあったそうですが、その動物園は「矯正」の中止を英断しました(参照 http://www.sukotan.com/news/new909.html)。貴水族館におかれましても、同性愛者の社会的現状と動物愛護の精神を鑑み、賢明なる決断をくだされることを心より期待しております。

草々

平成17年6月11日
2005/06/11(土) 22:48:14 ・ ゆ@シンポシオン (URL) yra9SvHk ・ [編集...]
▼ 初めまして
コメントします。

あのペンギンがですか?

どうして、そんなことが解ったのか・・・

飼育係さんが見つけたのかしら。
2008/04/23(水) 16:01:38 ・ おはようございます (URL) - ・ [編集...]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 ゲイジャパンが同性愛ペンギンを引き離す措置に対する抗議文のフォームを作ったので、せっかくだし、文章を書き替えて送りました。僕自身は権利としてゴリ押しするのはどうも抵抗あるので、動物園側のメリットを出して文章を改編しました。 --登別マリンパーク ...
 「サイバーテロを助長するゲイサイト」にて予想通りの所から予想通りの内容の抗議がありました。ただもっとたくさん来ると思っていたのですけどね。ここは矢張り宣伝不足でしょうか。  まず、コメント戴いた「鼻子」さん。TB戴きましたICUの「ゆ」さん。あなたたち誰 ...
2005/06/12(日) 23:06:07 ・ ::: 色人眼鏡 ::: 雑感日誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。