menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
6/6、ICUに山内俊雄先生がいらっしゃいます
0505003as.jpg

 ICUのジェンダー研究センター主催のオープンレクチャーで、6月6日(月)、あの山内俊雄先生がおこしになります!山内先生は、現在埼玉医科大学の学長で、日本での性同一性障害の性別再指定手術(性転換)の合法的な実現に多大な貢献をされた方です。
(ホントはもう少し早くアップすべきでした。開催まで一週間をきってますがご了承ください。)
 「トランスジェンダー」という視点からは、性別はふたつでいいのか?という疑問が提示されるわけで、人間のジェンダー/セクシュアル・アイデンティティは、男→女(MtF)、女→男(FtM)というようにパサッと分かれるわけではない、という批判もあり、私自身もそのような問題意識は持っています。「障害」として治療の対象とすること自体も不思議に思わないわけでもないです。ただ、現にMtF、FtMという枠で「救われる」思いになる人がいるのも事実ですし、彼ら彼女らの意識を否定することなんて、私にはできません(し、そんなこと許されないでしょう)。

 ジェンダー/セクシュアル・アイデンティティに対しては、いろいろな意見があるかと思いますが、現にTG/TSの社会認知に大きな貢献をされた山内先生の講演は、それらの意見の相違を超えて、非常に貴重な機会となるのでは?と思います。

 学外の方の参加もOKのようですから、ぜひおこしになってはいかがでしょうか?

日時:2005年6月6日(月) 15:10 - 17:10
場所:国際基督教大学 本館213→367教室
料金:無料
主催:ICUジェンダー研究センター(CGS)
CGSによる紹介記事はこちらです。

執筆者:ゆ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
▼ 開催教室が変更になりました!
本館の367教室に変更になっております。ご注意ください!
2005/06/04(土) 18:25:26 ・ ゆ@シンポシオン (URL) yra9SvHk ・ [編集...]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
http://subsite.icu.ac.jp/cgs/article/0505003j.html国際基督教大学ジェンダー研究センター (International Christian University Center for Gender Studies)CGSオープンレクチャー:山内俊雄講演会のお知らせCGSスタッフ身体的性別と自らの性別に対する自己意識 (gende ...
2005/06/05(日) 01:31:37 ・ TransNews Weblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。