menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
エミネム新曲ビデオでオルセン姉妹のレズプレイ?!

アルバム「アンコール」も好評で、毎回凝ったプロモーションビデオで話題のエミネムだが、新曲のPVでは【オルセン姉妹】をパロディするという噂が流れている。しかも、アメリカ一の人気美人双子姉妹をレズビアン・プレイさせてしまうとか?
以前、エミネムはPVでマイケル・ジャクソンをパロディして、マイケルを怒らせてしまったことがある。

ABC(アメリカン・バカ・コメディ)振興会 2005年05月26日

続きです。ABC振興会のブログの解説ですね。

エミネムが♪オルセン姉妹は昔はチョー健康的だったけど、今じゃオトナになって、飲んだくれ~ みたいな歌詞にのってオルセン姉妹に似せた2体の人形を使ってレズプレイさせるという話。



政治からサブカルチャーまでLGBITの問題を追いかけ続けます。頑張ります!(笑)

くだらないと誰しも思うであろうエミネムの新曲のニュースですが、このようなLGBITの取り上げられ方、特に若者に絶大な人気があり、PVが繰り返し放送されるものの中に取り上げられる表象こそ広く社会に影響があると思います。

エミネムのPVの中でどのようにレズビアンが表現されるかまだ作品が発表されていないので確認できませんが、文章から推測するだけでレズビアンは二重の疎外に置かれていることが分かります。
まず第一にエミネムがオルセン姉妹の人形でレズビアン・プレイさせると書かれていますが、ここから読み取れることは、欲望の主体は男性であるエミネムです。レズビアンは自らの欲望で行った行為ではなく、男性の欲望の中で行われる非主体的な結果でしかありません。
第二に、実際のオルセン姉妹はストレートであることが有名なので、レズビアンは男性の欲望の中では可能ですが、現実に引き戻されたときにもう一度タブー化されます。このように描かれたレズビアンはあくまでもタブーによって男性の欲望をかきたてる記号として機能してしまうのと同時に、現実のレズビアンの禁止を強化するのです。

明らかにレズビアンに対して屈辱的な表現であり、当事者を不快にするような取り上げ方ですが、かといって、このような表現そのものを規制するのは、おそらくLGBITの効果的な運動にならないでしょう。むしろこのような表象を積極的に読んでいくことを可能にすることが、現実へのインパクトになるのではないかと思います。(私が頭でっかちなだけかもしれませんが・・・もしくは、些細なことを大きく取り上げすぎているだけかもしれませんが)なぜなら、このような表象は、レズビアンを疎外するような欲望の主体が男性であること、そしてあくまでも夢の中で行われること(人形によってでしか可能にならない夢想であること)を同時に暴露しているからです。

最後にこのニュースのD姐(ABC振興会の管理者)のコメントを引用しましょう。

しかし、オルセン姉妹のレズプレイは全アメリカ男性の夢かも…



執筆者 K.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。