menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
エルサレムの国際同性愛祭典、来年に延期へ

イスラエルのエルサレム市内で今年8月に開催が予定されていた同性愛者の国際祭典「エルサレム・ワールド・プライド・フェスティバル2005」を中止し、開催を06年まで延期すると主催団体が発表していたことが、17日、わかった。主催者側は「ガザ地区からのユダヤ人入植地撤退の時期と重なることが延期の理由」としている。

 同国の同性愛擁護団体、エルサレム・オープン・ハウスは米ニューヨークタイムス紙の取材に対し「国内が緊張状態にある中で祭典を開催したくなかった」と述べた。

 祭典の開催をめぐって、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の指導者たちが今年4月に連盟を結成し、イスラエル政府に祭典の開催阻止を要求する声明を発表していた。連盟は各宗教の指導者12人で構成される。

 ヨルダンに本拠を置くアラブ通信社、アル・バワバがテルアビブ市議会議員で「ホモ・レズビアン協会」会員のイタイ・ピンカス氏の話として伝えたところによると、「私たちはイスラエルの国民として、入植地撤退の時期が祭典の開催予定日と重なることは避けるべきと判断した」という。

 ユダヤ人入植地の撤退は当初7月に予定されていたが、8月までの延期が今月決定した。

(引用:クリスチャントゥデイ 2005-05-17 )

心配していたエルサレムのワールド・プライドですが、結局延期が決まったそうです。まぁ、確かにガザ地区からの撤退という不安定な時期ですものね。来年ならお金を貯めて行けそうだなーなんて考えています。次回はぜひアジアで行って欲しいですね。オリンピック、万博で勢いのある中国でかななんて勝手に一人で妄想してます。でも、宗教指導者で組織されたプライド反対連盟の人たちが喜んでいると想像すると、悔しいですよね。「やっほー。勝ったぞー」って小躍りしていると思うと、ハラワタが煮え返りまくって、ゲロ吐きそうです。嘘だけど。来年はイベントの規模が2倍くらいでリベンジですね!私が企画者ではありませんが。えへ。

前回の記事:キリスト教、ユダヤ教、イスラム教指導者ら同性愛阻止連盟結成

執筆者 K.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。