menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
中国政府が同性愛者へのウェブサイトの接続を規制する

BEIJING (AFP) - China has blocked a popular website devoted to providing information and support to the nation's large but closeted homosexual population, even as the nation fights an exploding AIDS epidemic, the website's manager said.
北京(AFP)―中国政府は、情報を提供し、エイズ流行に対して対策をしている全国的にクローゼットの同性愛者をサポートしている人気サイトを接続できなくしていると、ウェブサイトの管理者が述べている。

AFP Wed May 18

The Chinese language website, www.gaychinese.net, which sees 50,000 to 65,000 visits a day mainly from mainland Chinese, has been blocked since April 11, manager Damien Lu told AFP.
中国語のウェブサイトで主に中国本国から一日に5万から6.5万もの観覧者が訪れるwww.gaychinese.netが4月11日からブロックされていると管理者のル・ダミエン氏がAFPに述べた。
Lu said he does not know why the website, operated by volunteers in China, had been blocked as it contains no political or sexually explicit content.
ボランティアで運営されており政治や性的に露骨な内容が含まれていないのに、どうしてブロックされているのか分からないと、ル氏は言った。
"We have no content that violates the Chinese government's rules," said Lu, a theater professor at the University of California in Los Angeles. "None of our staff have been contacted by the police."
「私たちは中国政府の法を攻撃しようといった内容は一切ない」と、カリフォルニア大学ロサンジェルス校の演劇学の教授であるル氏言う。「私たちのスタッフの中で誰も警察から連絡を受けた者はいない」
Attempts to access the website on a Chinese line were unsuccessful Wednesday. The website uses a US server and can still be accessed overseas.
中国の回線からウェブサイトにつなげようという試みは水曜日は失敗した。このサイトはアメリカのサーバーを使っており、まだ海外からのアクセスは可能である。
The Ministry of Public Security, which has a unit in charge of censoring Internet content, refused to comment.
インターネットの検閲の権限をもっている公安省はコメントを拒否している。
(中略)
A well-known AIDS activist and website reader said Wednesday it provided a much-needed service for China's gay community, which while sizable, does not have much voice or community support due to the stigma against gays.
最もよく知られているエイズ問題の活動家でウェブサイトの利用者は、そのサイトはとても必要性の高い貢献を発言力やゲイへの偏見に対する組織もない十分ではない中国のゲイコミュニティーに行っていたと述べている。
(中略)
China has an estimated five to 10 million gay men, and about 80 percent of them admit to total ignorance about HIV/AIDS, according to the country's first survey on its gay population conducted last year. There are no figures on gay women.
去年初めて行われた中国のゲイ男性の人口調査によると、中国の中国は500万から1千万人ものゲイ男性がおり、そのうちの約80%がHIVおよびAIDSについて完全に知識がないといると見積もられている。また、この調査には女性同性愛者の数字は一切含まれていない。



最近、日本人であることの自信をなくした方々が、どうにか最近元気な中国のアラ探しをして安心しようとする動きがないわけではありませんが、このニュースからも単に中国の人権意識が低いと言って「日本はまだマシですね」って答えを導くのは簡単です。でもそれはあまり実りのある議論ではないのではないでしょうか。私は、今回のニュースを中国の人権意識や政治の問題ではなくて、セクシュアル・マイノリティーズの人権は常に不安定な場所にあることの例としてこのニュースを見ました。最近は中国の中でも同性愛に対する風当たりが、少しずつですが改善されていたと思っていた矢先のニュースですから。
LGBITや外国人や少数民族などマイノリティは、良くも悪くも政治の問題として表面化しやすく、争点になる傾向にあります。そして、社会の安定化の際、まず始めに締め付けがマイノリティに向かいます。たとえ、社会の中でしばらく安定的な地位にいたとしてもです。それはスイスの地方議会で初めて極右の町長が当選したという記事からも読み取れますね。スイスは去年同性カップルのパートナーシップを認めたばかりですが、今回の極右政党は同性愛者やユダヤ人、外国人などのマイノリティへの暴力を肯定しているらしいです。一種のバックラッシュという感じでしょうか。軽くムカつきますね。しかも町長19歳。若気のいたりでナチにかぶれるな!って感じっす!

中国やスイスばかりじゃなくて、日本も自民党を中心に笑えないことになっているらしいですけどね・・・気を抜いたらいけないですな。

執筆者 K.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。