menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
オランダ 同性カップルの養子ひきとりを容易化へ

Dutch to make it easier for gay couples to adopt

The Dutch government wants to make it easier for gay couples to adopt children, four years after the Netherlands became the first country to legalise homosexual marriages, the justice minister said today.

Piet Hein Donner, a Dutch minister, said in a statement he planned to produce draft legislation later this year that would allow gay couples to adopt children from abroad and would allow a woman's lesbian partner to adopt her child at birth.

引用:SABCNEWS May 13, 2005



訳:世界で初めて同性婚を合法化してから4年、オランダ政府は同性カップルが養子をひきとりやすくしたいと、法務大臣が今日表明した。
オランダの法務大臣ピート・へイン・ドナー氏は、同性愛カップルに他国から子供を養子に迎えることとレズビアンのパートナーに生まれた子供の親権を認める法案を今年後半に作成する予定だと明かした。
訳していて難しかったのですが、レズビアンパートナーが認められたのは、片方の女性が産んだ子供をもう片方の女性も親だと認められることです。同性のパートナーシップを認めている国でも、なかなか養子を認めない国は多いですが、オランダはマイノリティーズの権利がどんどん進んでいますね。全てだとは言いませんが、オランダは学ぶべきところが多い国です。ちょっと羨ましかったりする・・・いや、当事者が主体となって日本でも頑張らないといけないですね。私たちが主権者ですものね。どんなに文句言っても、今の政府を選んでいるのは国民ですから。でも、やっぱり羨ましかったりする・・・

執筆者 K.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。