menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
【学生イベント】「大学でQueerStudiesを学ぶこととは」――J.ハルバーシュタム教授講演・座談会(11/28)【要申込】
【11/15】懇親会の会費が500円になりました。

【11/9】会場が変更になりました!新しい会場は、ICUの本館H-116です。

*****************

こんにちは。シンポシオンのヒナコです。

シンポシオンでは今月下旬に来日される著名なQueerStudiesの研究者、Judith Halberstam教授を招いて、ICUでの講演と座談会のイベントを企画しています。

≪Judith Halberstam教授:「Female Masculinity」や「In a Queer Time and Place: Transgender Bodies, Subcultural Lives」などの著者。アメリカの南カリフォルニア大学(USC)教授で、Queer Studiesやジェンダー理論、アート、文学、映像などのコースを教えていらっしゃいます。
ウェブサイト: http://www.egomego.com/judith/home.htm

イベントのタイトルは
「大学でQueerStudiesを学ぶこととは――Judith Halberstam教授 講演・座談会」

ハルバーシュタム教授に講演をしていただいた後、

■大学で、学部生として、GenderやSexualityのことを学ぶとはどういうことなのか。
■欧米(特にアメリカ)で発達したQueer理論に、日本にいるわたしたちはどのようにアプローチし、どんな関係を築くことができるのか。
についてディスカッションを開きます。

タイトルにもあるとおり、大学生(学部生)を中心としたイベントです。
参加される学生の方には、どんどんディスカッションに参加していただき、
ハルバーシュタム教授との交流を深めていただけたらと思います。

●注意:このイベントは事前の参加申し込みが必要です。

以下、イベントの内容です。
■タイトル:「大学でQueer Studiesを学ぶこととは」 ― Judith Halberstam教授 講演・座談会

■目的:Queer theoryの著名な研究者であるハルバーシュタム教授と、幅が広く、敷居の低い話し合いの場を学部生と共有すること

■日時:2009年11月28日(土) 15:30-17:00

■場所:国際基督教大学(ICU)、ERB(教育研究棟)-247⇒本館H-116

大学までのアクセス:http://www.icu.ac.jp/access/index.html
会場へのアクセス:こちらの地図の1番の建物です。http://www.icu.ac.jp/info/facilities.html

■使用言語:英語(通訳なし)

■対象:大学学部生を中心としてQueer Studiesに興味のある方
*ICU学生以外の参加も歓迎します。

■参加費:無料(講演・座談会)、500円(懇親会)

参加申し込み:要連絡(人数確認のため、シンポシオン(ヒナコ)までお願いします)

主催:シンポシオン(ICU学内LGBITサークル)
 担当:ヒナコ sumposion_event09 [at] yahoo.co.jp([at]を@に変更してください。

共催:UTCP
(東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター」)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。