menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
ICU でジェンダーやセクシュアリティを勉強するには
みなさんこんにちは。このブログに投稿するのは初めてのマサキです。
新設される学生寮について報告等しなければいけないのですが、
実は夏休みに入ってからメンバーがみんな忙しくなってしまって
なかなか進展していないのが現実です。

8月に入って、ICU全体(事務等含む)の夏期休暇が終わる頃には
シンポシオンとして更なる進展を起こしたいと思っています。
またなにか進展がありしだい、こちらで報告できるものは報告しますね。

ということで、今日は全然違う情報をお届けしたいと思います。

学部(大学1年から4年間、卒業するまでのこと)に
「ジェンダー・セクシュアリティ専攻(略称、PGSS ピグス)」があることからも、
ICUには、この社会で女性やセクシュアル・マイノリティ、
ジェンダー・マイノリティが置かれた状況について
きちんと学問として学ぶことが出来る環境があることが分かると思います。

しかし、新入生オリエンテーションでピグスの学部説明を聞いた人でもない限り
実際どの先生について卒論を書いたりゼミに参加したら
ジェンダーやセクシュアリティについて勉強出来るのか、
分かりづらいんじゃないかな、と思います。

それに、ピグスで授業を持っている先生にしてもみんな分野が違うので、
例えば文学や批評理論と呼ばれる分野でジェンダーをやっている先生、
メディア分析やコミュニケーション論でジェンダーに触れる先生、
社会学をメインにして様々な性の多様性についてアクティブに動いている先生など、
皆さん一人一人のやりたいことによって、選ぶべき先生も変わってきます。

今日は、ピグスに関与している先生もそうでない先生も分け隔てなく、
「この人につけばこういう風にジェンダーやセクシュアリティが学べる!」という先生たちを
ボクの勝手な独断と偏見で紹介したいと思います。

(ボクが受けたことのある授業の先生とか、仲のいい先生に限られるので
(セクシュアリティやジェンダーに詳しい先生はきっと他にもいるはずだけどね!)
この記事の続きを読む...
スポンサーサイト
夏休みが始まりました。

新寮建設の話し合いについて、報告させて頂きます。

先週の月曜日に、大学側に我々の質問状への回答を頂きました。

詳しい内容は、まだお知らせできませんが話し合いの継続が約束されました。

そして、今週月曜日、火曜日の二日に渡って大学側と新寮建設の図面を使って、

具体的に我々の提案をお話しさせて頂きました。

これからも、新寮建設に関して大学側と協議していきたいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。