menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
三橋順子さん公開講義
 ICUのジェンダー・セクシュアリティ研究プログラム(PGSS)の基礎科目「ジェンダー研究へのアプローチ」にて、女装家であり性社会史研究者である三橋順子さんが、公開講義を行います。タイトルは、「トランスジェンダーをめぐるセクシュアリティ」。皆様ふるってご参加ください。
この記事の続きを読む...
スポンサーサイト
月曜ランチ読書会第1回報告&第2回予告
otsuji_comingout.jpg

 4月24日(月)から始まった、CGS・ sumposion共催読書会「パレードを通して、カミングアウトを考える。」。
 初回の参加者は10名で、読書会の流れを確認したり、 BadiのDVDで2005年のパレードの模様を見たりしました。また、メンバー知り合いのTLGP2005の実行委員の方からは、読書会初回に寄せて、「2年続けての開催だからと言って“去年と同じでいいや”というものではなく、新しいメンバーもまきこんで、みんなで作り上げていくパレードにしたい」
 と、TLGP2006への意気込みメッセージを頂くこともできました。sumposionメンバーも、今年はこの読書会を通してしっかり準備をして、パレードに参加するつもりです。衣装合わせやプラカード作りなども、この読書会のなかでやっていきたいと考えています。

 次回は、尾辻かな子さんの「カミングアウト~自分らしさを見つける旅」(講談社)から、第2章を読む予定です。
本日より開催!ランチタイム読書会「パレードを通して、カミングアウトを考える。」
bookclub_monday_forWeb.jpg

 2006年8月12日(土)、「東京レズビアン&ゲイパレード2006(TLGP2006)」の開催が決定しました。CGSとSumposionでは、パレードを応援するとともに、公の場において、性的マイノリティがカミングアウトすることの意味を考えていきたいと思います。尾辻かな子「カミングアウト」、伏見憲明「ゲイという[経験]」、砂川秀樹の「パレード」などからの抜粋を通じて、みんなでカミングアウトやパレードについて、考えていきます。エッセイ形式の読み物を中心に、映像資料も交えながら、楽しく進めていくつもりです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。