menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
同性カップル、海外でのトラブルに注意

カナダでは同性結婚が合法化されたものの、カナダ政府は、カナダで認められている権利が、カナダ国外では文化、法律の違いにより受け入れられない場合があることも認識しておくよう、同性カップルに注意を呼びかけている。
カナダ全土では先週上院議会にて同性結婚が認められたばかりだが、世界には同性愛自体が違法となっている国もあり禁固刑、罰金、場合によっては死罪となることもあるという。そのためカナダの同性カップルが海外を訪れる場合は、当該国の法律について事前に十分学習してから行くように、としている。
現在、他に同性結婚を正式に認めている国は、スペイン、ベルギー、オランダの3国のみ

Maple Town 2005-07-26

この記事の続きを読む...
スポンサーサイト
[手術拒否]エイズ理由に 市民病院に賠償命令 甲府地裁

 エイズウイルス(HIV)感染を理由に入院先の病院で手術を受けられず下半身まひの後遺症が残ったとして、タイ国籍の女性(97年に死亡、当時26歳)が甲府市などに対し計約1562万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、甲府地裁であった。新堀亮一裁判長は「医学的根拠のない差別的取り扱いで、原告の人格権を侵害した」などとして、訴訟を引き継いだ女性の両親(タイ在住)に慰謝料計100万円を支払うよう市に命じた。女性が最初に入院した山梨県鰍沢町の医療法人峡南病院については「過失があったとまでは言えない」と請求を棄却した。

 判決によると、女性は92年12月、働いていた同県増穂町のスナックで男から追いかけられ2階から飛び降りて腰の骨を折った。初めに搬送された峡南病院は市立甲府病院に転院させたが、手術実施の決定権を持つ同病院の整形外科主任科長(当時)らが、HIV感染の不安から看護師や患者が動揺することを避けようと手術中止を決定した。タイと日本の平均賃金の差などを考慮し、賠償額を100万円に抑えたとしている。

 判決について宮島雅展市長は「病院と相談し近日中に対応を決めたい。過失があったとすれば、同様のことがないよう努めたい」と話した。【宇都宮裕一、中村有花】

毎日新聞 2005年07月26日20時31分

男性同性愛者の献血・臓器提供を認めよう=スウェーデン首相

【ストックホルム21日】スウェーデンのペーション首相は21日までに同国メディアのインタビューで、男性同性愛者の献血や臓器提供を認めるべきだとの考えを明らかにした。(写真はスウェーデンのペーション首相)

 男性の同性愛者はその性的習慣からエイズ感染の可能性が高いとみられているため、米国を含む多くの国で献血や臓器提供を禁じられている。

 スウェーデンでも、男性同性愛者の献血は禁止だが、献血を認めるべきかとの質問に対し、ペーション首相は明確に肯定の回答を示した。

 この種の規制について、米国の関係当局は「科学的な正当性がある」と主張。各国政府のこうした態度に対して、同性愛者の権利擁護団体などは強く反発している。〔AFP=時事〕

livedoor news 2005年07月21日23時32分

各国でなされる同性愛者への暴力
イランのニュースに関して、Transnewsさんのトラックバックで知ったのですが、実に簡単にですが、日本語に訳されているところを見つけました。
[イラン]少年が同性愛で処刑される (JapanGayNews(ゲイの最新ニュース)#820)  07/23(土)

そのほか、ゲイジャパンニュースさんのページで、以下のようなニュースが掲載されています。

「ウガンダ、同性間結婚を刑務所送りに」2005/07/16 10:44

「多くのナイジェリアの同性愛者が死刑に直面」2005/07/24 16:40
「結婚で更生を」性別変更の被告、2審で猶予判決

 覚せい剤取締法違反罪に問われ、大阪拘置所収監中に男性から女性へ戸籍上の性別変更を認められた被告(26)の控訴審判決が19日、大阪高裁であった。

 被告は性別変更後、交際中の男性と結婚しており、瀧川義道裁判長は「婚姻し、社会の中で更生できる可能性が高まった」などとして、懲役1年2月(求刑・懲役2年)の実刑とした1審・大阪地裁判決を破棄し、被告に同2年、執行猶予5年、保護観察付きの有罪判決を言い渡した。

(引用:読売新聞 2005年7月20日0時3分付

ナイキに反対派の抗議殺到 同性婚支持、経営に影響? 

 【ポートランド(米オレゴン州)15日枝川敏実】米スポーツ用品大手ナイキ(同州ビーバートン)が、同性婚に反対する保守系団体の激しい抗議にさらされている。同性愛カップルに結婚とほぼ同様の法的権限を与える「シビル・ユニオン」について、ナイキが支持を表明したためだ。同性婚問題は先の大統領選で争点となったが、企業経営においても無視できない課題となりつつある。

 オレゴン州議会では、同性愛者への差別を禁じ、シビル・ユニオンを認める法案が審議されている。

 ナイキは、六月に法案支持を表明し、これに、キリスト教右派の有力団体「アメリカ家族協会」(ミシシッピ州トゥペロ)が「大企業の政治的な見解は、消費者に誤解を与える」とかみついた。

北海道新聞 2005/07/17 08:15

ニューハーフの収監者「性別変更」認められ女子房へ

 大阪拘置所(大阪市都島区)に収監されている20歳代の被告(覚せい剤取締法違反の罪で公判中)が、心と体の性が一致しない「性同一性障害」で男性から女性への性転換手術を受けていたことを理由に「男性として処遇されるのは耐えられない」として、戸籍上の性別変更を大阪家裁に申し立てて認められ、5月に女子用施設に移されていたことが9日、わかった。

 拘置所や刑務所などの行刑施設が、変更後の性で処遇を認めたケースは初めてとみられる。

(引用:読売新聞 2005年7月10日3時4分付

同性愛カップルが結婚届提出

李サンチョル、朴ジョングンさんの同性愛カップルが韓国で初の公開結婚式を挙げ、ソウル市恩平区庁に結婚届を提出した。区では書類を受け取ったものの、結婚は男女同士を前提にしているだけに、戸籍への記載が可能か否か裁判所と検討後、結果を通知する予定だ。

2005.07.06 民団新聞

TLGP2005バッジデザインに採用されました!
badges.jpg

 東京レズビアン&ゲイパレード2005の公式グッズのひとつ・缶バッジに、シンポシオンメンバーのデザインが採用されました!
スペインが同性結婚を合法化、世界で3番目の国に

マドリード――スペイン下院(定数350)は30日、同性同士の結婚を認める法案を賛成187、反対147で可決、同性婚を合法化した。早ければ7月1日から、遅くとも今後2週間内に同性婚が可能にある。AP通信が報じた
同性婚を合法化したのはオランダ、ベルギーに次ぎ、世界で3番目。カナダ下院も28日、同性婚を合法化する法案を可決し、法成立が確実視されている。
スペイン上院は先週、同法案を否決していたが、法案成立では下院に権限がある。同性カップルはまた、一般の夫婦同様、養子や財産権を持つことも認められた。
今回の法案は、2004年4月に発足したサパテロ社会労働党内閣が進める社会改革の一環。同内閣は、イラク派兵に反対し、駐留スペイン軍を撤退させている。
スペインのカトリック系組織は、法案に反発しており、大規模デモなどに訴えていた。

CNN.co.jp 2005.06.30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。