menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
イタリアのゲイの新星 ゲンナーロ・コスモ・パルラト
fiore220copia.jpeg


現在、イタリアで大活躍中(たぶん・・・というか、ウソ)のGennaro Cosmo Parlatoです。昔のボーイ・ジョージかミュージカル「キャバレー」のMCみたいですね。頭がかなり丸いですが。
この記事の続きを読む...
スポンサーサイト
ここまでするのか、「過激な性教育・ジェンダーフリー教育に関する実態調査」

 先日、友人から自由民主党のホームページのアンケートをみて唖然としたというメールが届いた。私も、早速、ホームページを開いてみたが、本当にここまでやるか、と驚いてしまった。
 
 調査目的は、「学校教育現場での過激な性教育・ジェンダーフリー教育の実態を調査し、党並びに政府与党の政策に反映する」としている。

 調査項目は、1.過激な性教育について、2.ジェンダーフリー教育について、3.家庭科教育の問題について、4.その他、で、基本原則として、情報提供者および個人情報については、一切外部に漏らすことはなく、適正管理し、調査結果公表については一切匿名とするので、安心して情報提供してほしいとある。

 これではまるで、密告制度を国民の間にまさにすすめ、思想良心の自由を取り締まることを公然と公党がすすめているようなものではないか。意見があるなら堂々と名前を明記し、アンケートに答えればいいのではないだろうか。まず、匿名性が大きな問題といえる。

JANJAN 2005/05/26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。