menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
MSが姿勢一転、同性愛者差別禁止法案を支持

 ワシントン州で審議中の同性愛者の権利法案について、いったん支持を撤回していたMicrosoftが態度を翻した。

 5月6日に従業員に宛てた電子メールでMicrosoftのスティーブ・バルマーCEOは、公開企業がこのような公的政策をめぐる論争に関わることが適切かどうかなど、この問題についてよく考え直した結果、多様性を支持して誤りを正すことに決めたと記している。

 Microsoftはいち早く、福利厚生の対象を同性のカップルにも広げた企業だが、バルマー氏の以前のメモでは、Microsoftがワシントン州の差別禁止法案に関して中立を保つと決めた理由について説明、同性愛者の権利団体から強い非難を浴びていた。

(引用:IT mediaニュース2005/05/07

この記事の続きを読む...
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。