menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
米合同メソジスト教会、同性愛牧師をめぐる二つの見解

米合同メソジスト教会、同性愛牧師に聖職認可証返還へ

 米合同メソジスト教会の信仰職制委員会が先月29日(日本時間30日)一般公開で行われ、元牧師のアイリーン・エリザベス・ストラウド(34)に聖職認可証を返還する議案を可決(賛成8、反対1)した。同教会は昨年12月の委員会で「同性愛者であることはキリスト教の教義と相容れない」という教会規則に抵触するとして、ストラウド牧師(当時)に対し聖職認可証の返還命令を下していた。
 ストラウド牧師は、自身が同性との性行為を伴う同性愛者であることを公言している。同性との性行為を伴う同性愛者であることを理由に同教会から聖職認可証の返還命令を受けた牧師としては3人目だった。

(引用:クリスチャン トゥデイ2005-05-02


「同性愛聖職者は教規違反」 米合同メソジスト教会上訴へ
 
 同性愛者の牧師に聖職認可証を返還する米合同メソジスト教会・信仰職制委員会の判決(先月29日)は教規に反するとして、同教会のマーカス・マシューズ牧師が3日(日本時間3日、以下、現地時間)、同教会最高裁に上訴する法的手続きを開始したことを明かした。同教会の発表で5日までに分かった。

 同教会によると、上訴の手続きは30日以内に完了する。教会広報誌は「上訴は、合同メソジスト教会の裁判史上、最も論争を呼んでいる問題の深刻さを示す最新の例」とした。

(引用:クリスチャン トゥデイ2005-05-06

この記事の続きを読む...
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。