menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
200万人が同性婚の合法化求めサンパウロでパレードへ

AP通信によると、同性婚の合法化を求めて、同性愛者やその支持者など約200万人が29日、ブラジルのサンパウロ市内をパレードする。このパレードは、年1回行われ、今回が9回目。主催者側の発表によると、サンパウロ市外から少なくとも40万人が参加すると見られ、計200万人が参加する大規模なパレードになりそうだ。ブラジルは、世界最多のローマ・カトリック教徒を抱えているが、カトリック教会が同性婚に断固反対しており、ブラジル国内で同性婚を認めている州は、南部のリオ・グランデ・ド・スル州の1州のみで、同性婚の問題は全国規模の議論に至っていない。

ライブドア・ニュース 05月29日

この記事の続きを読む...
スポンサーサイト
イタリアのゲイの新星 ゲンナーロ・コスモ・パルラト
fiore220copia.jpeg


現在、イタリアで大活躍中(たぶん・・・というか、ウソ)のGennaro Cosmo Parlatoです。昔のボーイ・ジョージかミュージカル「キャバレー」のMCみたいですね。頭がかなり丸いですが。
ここまでするのか、「過激な性教育・ジェンダーフリー教育に関する実態調査」

 先日、友人から自由民主党のホームページのアンケートをみて唖然としたというメールが届いた。私も、早速、ホームページを開いてみたが、本当にここまでやるか、と驚いてしまった。
 
 調査目的は、「学校教育現場での過激な性教育・ジェンダーフリー教育の実態を調査し、党並びに政府与党の政策に反映する」としている。

 調査項目は、1.過激な性教育について、2.ジェンダーフリー教育について、3.家庭科教育の問題について、4.その他、で、基本原則として、情報提供者および個人情報については、一切外部に漏らすことはなく、適正管理し、調査結果公表については一切匿名とするので、安心して情報提供してほしいとある。

 これではまるで、密告制度を国民の間にまさにすすめ、思想良心の自由を取り締まることを公然と公党がすすめているようなものではないか。意見があるなら堂々と名前を明記し、アンケートに答えればいいのではないだろうか。まず、匿名性が大きな問題といえる。

JANJAN 2005/05/26

エミネム新曲ビデオでオルセン姉妹のレズプレイ?!

アルバム「アンコール」も好評で、毎回凝ったプロモーションビデオで話題のエミネムだが、新曲のPVでは【オルセン姉妹】をパロディするという噂が流れている。しかも、アメリカ一の人気美人双子姉妹をレズビアン・プレイさせてしまうとか?
以前、エミネムはPVでマイケル・ジャクソンをパロディして、マイケルを怒らせてしまったことがある。

ABC(アメリカン・バカ・コメディ)振興会 2005年05月26日

「同性結婚反対」 カナダで宗教者がアピール

キリスト教、イスラム教、ユダヤ教の信徒らが23日(現地時間)、 カナダのクイーンズパークで、同性愛者による同性結婚に反対する街頭デモ行進を行い「結婚は男性と女性の間の聖なる契約」と主張した。カナダの有力紙ナショナルポストが同日伝えた。

 宗教者たちは、国会で同性結婚を合法化する法案が採択された場合、次期選挙では必ず結婚の価値を保護する政府を誕生させる、との決意を再確認した。

 デモに参加した同国の下院議員は「結婚の価値を守る闘いです。必ず勝利します」と述べ、自信を示した。

クリスチャントゥデイ 2005-05-25

エルサレムの国際同性愛祭典、来年に延期へ

イスラエルのエルサレム市内で今年8月に開催が予定されていた同性愛者の国際祭典「エルサレム・ワールド・プライド・フェスティバル2005」を中止し、開催を06年まで延期すると主催団体が発表していたことが、17日、わかった。主催者側は「ガザ地区からのユダヤ人入植地撤退の時期と重なることが延期の理由」としている。

 同国の同性愛擁護団体、エルサレム・オープン・ハウスは米ニューヨークタイムス紙の取材に対し「国内が緊張状態にある中で祭典を開催したくなかった」と述べた。

 祭典の開催をめぐって、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の指導者たちが今年4月に連盟を結成し、イスラエル政府に祭典の開催阻止を要求する声明を発表していた。連盟は各宗教の指導者12人で構成される。

 ヨルダンに本拠を置くアラブ通信社、アル・バワバがテルアビブ市議会議員で「ホモ・レズビアン協会」会員のイタイ・ピンカス氏の話として伝えたところによると、「私たちはイスラエルの国民として、入植地撤退の時期が祭典の開催予定日と重なることは避けるべきと判断した」という。

 ユダヤ人入植地の撤退は当初7月に予定されていたが、8月までの延期が今月決定した。

(引用:クリスチャントゥデイ 2005-05-17 )

中国政府が同性愛者へのウェブサイトの接続を規制する

BEIJING (AFP) - China has blocked a popular website devoted to providing information and support to the nation's large but closeted homosexual population, even as the nation fights an exploding AIDS epidemic, the website's manager said.
北京(AFP)―中国政府は、情報を提供し、エイズ流行に対して対策をしている全国的にクローゼットの同性愛者をサポートしている人気サイトを接続できなくしていると、ウェブサイトの管理者が述べている。

AFP Wed May 18

第1回シンポシオンワークショップ、無事終了です!
PICT9503s.jpg
 第1回シンポシオンワークショップ「性教育と性教育バッシング」が18日に行われ、40人近くもの聴衆を招き、大成功のうちに幕を閉じました!
メキシコ:TVコマーシャルがメキシコ社会の問題に光を当てる
現在、メキシコで行われているアンチホモフォビア・キャンペーンがメキシコ社会に内在している様々な問題に光を当てている。
オランダ 同性カップルの養子ひきとりを容易化へ

Dutch to make it easier for gay couples to adopt

The Dutch government wants to make it easier for gay couples to adopt children, four years after the Netherlands became the first country to legalise homosexual marriages, the justice minister said today.

Piet Hein Donner, a Dutch minister, said in a statement he planned to produce draft legislation later this year that would allow gay couples to adopt children from abroad and would allow a woman's lesbian partner to adopt her child at birth.

引用:SABCNEWS May 13, 2005



訳:世界で初めて同性婚を合法化してから4年、オランダ政府は同性カップルが養子をひきとりやすくしたいと、法務大臣が今日表明した。
オランダの法務大臣ピート・へイン・ドナー氏は、同性愛カップルに他国から子供を養子に迎えることとレズビアンのパートナーに生まれた子供の親権を認める法案を今年後半に作成する予定だと明かした。
活動家呼びかけ:日曜のミサにレインボーのたすきをかけよう

Activists Urge Homosexuals to Wear 'Rainbow Sash' at Sunday Mass


A group of homosexual activists plan to protest Mass at Catholic churches nationwide Sunday in opposition to the church's stance on homosexuality.

The group, Rainbow Sash, explained on its website that they "stand opposed to homophobia at the Eucharistic table" and "make no apologies for God's gift of our sexuality." The group encourages its members to wear the Rainbow Sash in a parish or cathedral as "an act of faith in the Lord, who works through weakness"

引用:CNSNews.com



訳:同性愛活動家のグループが教会の同性愛への態度に反対するためにカトリック教会の日曜のミサに抗議する計画を立てている。
レインボー・サッシュ」という団体は、ウェブサイトで「ミサの聖餐式で同性愛嫌悪に対して反対する」そして、「神の贈り物である私たちのセクシュアリティに対して懺悔しない」と説明している。団体は、「弱きものを通して働かれる主への信仰の証」としてメンバーに教区や大聖堂でレインボーのたすき(サッシュ)をつけることを奨励している。
「ゲイは男性フェロモンに反応」はそんなに衝撃的?
 先日お伝えしたニュース「同性愛男性の脳、フェロモン反応は女性に近いと報告書」について、いくつかのブログで話題になっていますが、これってそんなに驚くべき発見なのでしょうか?
スペイン同性婚法案、教会が反発

 スペインで同性愛カップルに婚姻と養子縁組を認める法案がこのほど下院を通過した。上院に拒否権がないため法案成立は確実視されているが、スペイン社会で大きな影響力を持つカトリック教会が猛反発。同法への「良心的不服従」を呼びかけ、これに応じて一部の市長が「同性愛者の婚姻手続きは受理しない」と宣言する騒ぎになっている。
(引用:asahi.com 2005年05月06日06時18分付記事

スウェーデン裁判所同性愛に対する憎悪発話事件を再審理

Sweden's Supreme Court has said it will review the acquittal of a Pentecostal pastor who denounced homosexuality as "a deep cancer" in a sermon.

Ake Green was convicted of hate crimes in June 2004 and given a 30-day suspended prison sentence.

But then an appeals court in February threw out the case, saying it was not illegal to offer an interpretation of the Bible and urge others to follow it.

Mr Green was the first priest convicted under Sweden's new hate crimes law.

BBC News 2005.5.9


翻訳:
スウェーデンの最高裁判所は、説教の中で「同性愛は重大な害悪だ」と言ったペンテコステ派の牧師への無罪判決に対して再審理を行うことを決定した。
アケ・グリーンは、2004年の6月に、憎悪犯罪 (hate crime) の罪で30日間の執行猶予付懲役刑を言い渡されていた。
しかしその後、2月に行われた控訴審は、聖書を解釈しそれに従うように人々を促すのは違法ではないとして、一審の判決を覆した。
グリーン氏は、スウェーデンの新しい憎悪犯罪法のもとで有罪判決を受けた初めての聖職者だった。
同性愛男性の脳、フェロモン反応は女性に近いと報告書

ワシントン──性フェロモンに対する同性愛男性の脳の反応は、異性愛男性の脳よりも、むしろ異性愛女性の脳の反応パターンに近いと、スウェーデンのカロリンスカ大学病院の研究チームが9日、米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。

研究チームは、男性の汗などに含まれる男性ホルモン、テストステロンの誘導体「4,16-androstadien-3-One(AND)」と、女性の尿などに含まれる女性ホルモン様物質「estra-1,3,5(10),16-tetraen-3-ol(EST)」を、12人ずつの同性愛男性と異性愛男性、異性愛女性にかがせ、性行動に大きく関与している間脳視床下部の様子を、早期がんの診療などに使われるPET(陽電子放射断層撮影)装置を使って調べた。

CNN.co.jp 2005.05.10

第1回シンポシオンワークショップ「性教育と性教育バッシング ―その社会的背景と社会学的考察」
 いろいろな方のご支援で、5月18日、シンポシオン主催の第1回ワークショップを開催することが決まりました!

 今回のテーマは「性教育」。今、政治の場やマスコミを騒がせているホットなトピックを、新進気鋭の社会学者/ジェンダーセクシュアリティ研究者である金田智之さんと共に、セクシュアルマイノリティーズの視点から考え、議論する機会としたいと考えています。

 ICU学生はもとより、幅広い方々の参加をおまちしております!
MSが姿勢一転、同性愛者差別禁止法案を支持

 ワシントン州で審議中の同性愛者の権利法案について、いったん支持を撤回していたMicrosoftが態度を翻した。

 5月6日に従業員に宛てた電子メールでMicrosoftのスティーブ・バルマーCEOは、公開企業がこのような公的政策をめぐる論争に関わることが適切かどうかなど、この問題についてよく考え直した結果、多様性を支持して誤りを正すことに決めたと記している。

 Microsoftはいち早く、福利厚生の対象を同性のカップルにも広げた企業だが、バルマー氏の以前のメモでは、Microsoftがワシントン州の差別禁止法案に関して中立を保つと決めた理由について説明、同性愛者の権利団体から強い非難を浴びていた。

(引用:IT mediaニュース2005/05/07

米合同メソジスト教会、同性愛牧師をめぐる二つの見解

米合同メソジスト教会、同性愛牧師に聖職認可証返還へ

 米合同メソジスト教会の信仰職制委員会が先月29日(日本時間30日)一般公開で行われ、元牧師のアイリーン・エリザベス・ストラウド(34)に聖職認可証を返還する議案を可決(賛成8、反対1)した。同教会は昨年12月の委員会で「同性愛者であることはキリスト教の教義と相容れない」という教会規則に抵触するとして、ストラウド牧師(当時)に対し聖職認可証の返還命令を下していた。
 ストラウド牧師は、自身が同性との性行為を伴う同性愛者であることを公言している。同性との性行為を伴う同性愛者であることを理由に同教会から聖職認可証の返還命令を受けた牧師としては3人目だった。

(引用:クリスチャン トゥデイ2005-05-02


「同性愛聖職者は教規違反」 米合同メソジスト教会上訴へ
 
 同性愛者の牧師に聖職認可証を返還する米合同メソジスト教会・信仰職制委員会の判決(先月29日)は教規に反するとして、同教会のマーカス・マシューズ牧師が3日(日本時間3日、以下、現地時間)、同教会最高裁に上訴する法的手続きを開始したことを明かした。同教会の発表で5日までに分かった。

 同教会によると、上訴の手続きは30日以内に完了する。教会広報誌は「上訴は、合同メソジスト教会の裁判史上、最も論争を呼んでいる問題の深刻さを示す最新の例」とした。

(引用:クリスチャン トゥデイ2005-05-06

性体験ある高校生の一割がクラミジア感染

 性体験のある高校生のうち約1割が、性感染症(STD)の一種、性器クラミジア感染症に感染していたことが厚生労働省の研究班調査で分かった。STDはエイズウイルス(HIV)の感染率を3~5倍高めるとされるが、全国高等学校PTA連合会が実施した別の調査では、高校生の4分の1以下しか、その認識がなかった。

(引用:毎日新聞2005年5月4日付東京朝刊

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。