menu トップ シンポシオンについて LGBITについて リンク ICU内のLGBIT当事者のための相談窓口はこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 ・ トラックバック(-) コメント(-)
「黒ひゲイ危機一発」騒動
黒ひゲイ危機一発

 今回は、こちらのオモチャの問題をとりあげます。
 写真(トミーのホームページより転載)の商品は、トミーが年末に発売を予定している「黒ひゲイ危機一発」。ご存知「黒ひげ危機一発」に、お笑い芸人のレイザーラモンHGさんをキャラクターとして採用したものです。これに対して、セクシュアルマイノリティ教職員ネットワーク(STN)が抗議文を提出しています(抗議文の詳細はこちらをご覧ください)。その様子を伝えているのが以下の2本の記事です。

「黒ひゲイ危機一発」、同性愛団体が発売中止求める

 ロングセラーを続ける玩具「黒ひげ危機一発ゲーム」のキャラクターに「ハードゲイキャラ」で人気急上昇中のタレント、レイザーラモンHGさんを採用した「爆笑問題のバク天! 黒ひゲイ危機一発」の発売を中止するよう、同性愛や性同一性障害の教職員たちがつくる団体が発売元のトミー(東京都葛飾区)に求めている。

 この玩具は、キャラクターが入った樽(たる)にプレーヤーが順番に剣を刺していき、樽からキャラクターを飛び出させた人が負けというゲーム。元々のキャラクターは黒ひげ姿の海賊だが、TBS系テレビ番組「爆笑問題のバク天!」との企画で、黒いコスチュームにびょう打ちの帽子、サングラス姿のHGさんを新キャラクターにした商品を12月30日から発売することになった。

 これに対して「セクシュアルマイノリティ教職員ネットワーク」(事務局・京都府宇治市)は17日、同社に「同性愛者やそれを連想させる人物を樽に入れ、剣で突き刺して『楽しむ』玩具の発売は同性愛者に対する差別で、子どもに偏見を植え込む恐れがある」とする文書を郵送した。

 これに対して、トミーは「剣で縄を切って、樽の中のキャラクターを救出するというのが当初からの商品のコンセプトですが、ご意見はしっかり受け止めて、私どもの見解をお伝えしていく方向です」といっている。

朝日新聞 2005/12/22


黒ひゲイ危機一発:同性愛者らの団体が抗議、販売中止求める

 お笑い芸人・レイザーラモンHGさんをモデルにしたトミーの玩具「爆笑問題のバク天! 黒ひゲイ危機一発」が「同性愛者に対する差別である」などととして、同性愛の教職員らでつくる「セクシュアルマイノリティ教職員ネットワーク」(事務局・京都府)が22日までに、発売元のトミーと企画のTBSに対し、販売中止を求める抗議文を送った。

 同玩具は、TBS系のテレビ番組「爆笑問題のバク天!」内の企画で開発。人形が入ったたるに剣を順番に刺し、「当たり」だと人形が飛び出るロングセラー玩具「黒ひげ危機一発」の人形にHGさんを起用した。30日発売予定。

 抗議文によると、同性愛者およびそれを連想させる人物をたるに入れ、剣で突き刺して「楽しむ」という玩具の発売は同性愛者に対する差別▽子どもたちに、同性愛者は差別して良いのだ、という意識を植え込む恐れがある--と商品の問題点を指摘。両社に対し、発売の中止と問題点についての回答を求めている。

 発売元のトミーは「内容をしんしに受け止めて、見解をお答えしたい。商品のコンセプトは、剣で人形を突き刺すものではなく、たるからキャラクターを救出するもので、誤解を招いていることについては説明したい」としている。【デジタルメディア局】

毎日新聞 2005/12/22


 STN側の主張はまったく正当なもので、同性愛者とおぼしき人物を剣を突き刺して楽しむという点、子どもが同性愛者を揶揄することを正当化する危険性があるでしょう。特に、商品名には「ゲイ」と明確にうたってしまっており、すでに樽の中に入っている人物はレイザーラモンHGという「キャラクター」ではなく、ゲイ「一般」であると捉えられてもおかしくありません。(レイザーラモンHGそのものがもたらす影響に関してはさておき)

 これに対して、トミーは、剣で縄を切って「キャラクター」を「救出」するものであり誤解であると、火消しに躍起になっているようです。

 しかし、いくら販売側のコンセプトは違うと主張したからといって、いったん市場に流通してしまえば、それを解釈するのは消費者側です。消費者側のイメージとしては、レイザーラモンHGという特定の「キャラクター」でもなければ、剣を突き刺すという行為は肯定的な「救出」でもなく、単に「ゲイを突き刺して楽しむオモチャ」と捉えられてもおかしくはないでしょう(むしろ、そう捉えるほうが多数かと思います)。そして、オモチャであるということは、子どもがそのオモチャで遊ぶことで、自然にそのような差別的な態度を身につけてしまう危険性があるという意味で、より深刻です。

 抗議の趣旨に賛同される方は、ぜひトミーやTBSに抗議を。宛先はSTNからリンクされています。

(ゆ@シンポシオン)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
▼ 抗議に対する批判
 TransNewsさんがトラックバックで、今回のことをくだらないとして辛辣に批判なさってますが、確かにそのような見解は生じうるだろうとは思っておりました。

 ただ、「同性愛者がダメで、じゃ、海賊はいいのでしょうか?」という論点に関して言えば、仮にこれまで海賊への人権侵害に無頓着であったとしても、実際に「ゲイ」に主体性を感じている者が今回のことに対して文句を言うことは許容されるでしょう。

 また、「相手の表現が気に食わないから販売を中止せよ、というのは一種の検閲」という論点についても、そもそも、この抗議運動は、オモチャの発売という表現に対する、表現(抗議文)での闘いなわけですから、検閲はもとより、表現の自由の制限にすらあたりません。刑法上の威力業務妨害に当たるようなものでは無い限りは許容されるべきでしょう。(というか、表現の自由も絶対ではなく、ある者の表現が他の者を人間の尊厳からみて「格下げ」する場合には、その表現への規制はされてしかるべきだと思っておりますが)

 STNのウェブが更新されていましたね。おそらく同様の批判が寄せられたのでしょう。「オモチャ」「子ども」ということを考え合わせた上、私は、STNの見解はなおも説得力を持つと思っています。今回のことで不快感を感じた人や、子どもという弱者への影響を考慮して問題だと思った人が、それぞれに抗議をして、トミーなどに対応を求めていけばよい、ただそれだけだと思います。

 ちなみに個人的には、ネーミングが「黒ひげHG危機一発」だったら、ギリギリ許容範囲かもしれません(HGそのものがもたらす影響を差し置けば、との前提ですが)。でもHGそのものも最近不快なので微妙ですが(笑)
2005/12/26(月) 01:31:20 ・ ゆ@シンポシオン (URL) yra9SvHk ・ [編集...]
▼ トミー・TBSからの回答が届いていますね
↓STNのページに載っています。
http://homepage3.nifty.com/stn/res.html


 あまり記事の段階から進展していないようですね。「レイザーラモンHGさんをキャラクターとして作成した玩具商品であり、それ以外のどのようなイメージも意図したものではありません」というのならば、「ゲイ」という一般名称を使っていただきたくないし、「ご指摘を真摯に受け止め」るのならば、発売の延期や、ネーミングの再考をすべきでしょうに。まぁこのコメントを引き出しただけでも一定の効果はあったと言えると思いますが。
2005/12/26(月) 04:07:24 ・ ゆ@シンポシオン (URL) yra9SvHk ・ [編集...]
▼ 関連記事1本
 こんな記事がありました。とりたてるまでもないでしょうけれども、一応。コミュニティ内部ですら賛否両論なのですから、外部からみればこんなもんなんでしょうね。それにしても、

> そうすると、飛び出して助け出した人が負けという
> ルールはおかしくない? と思ってしまうのは私だ
> けでしょうか・・・。

 やっぱりトミーの言い訳は苦しいですね。

---(以下、転載)---

【ファンキー通信】HGグッズに本物のゲイから猛抗議!?
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1627640/detail

 「フォーー!!」

 昨年は、いたるところで耳にしたこの言葉。もう、日本人なら知らない人はいないのでは? そう、あのハードゲイキャラで人気を博した、レイザーラモンHGの決め台詞だ。彼は、あのひと言で今やまさに時の人となった。

 そんな人気ぶりに、多くのキャラクターグッズが販売されている。中でも注目したいのが、人気テレビ番組の企画で誕生した「爆笑問題のバク天! 黒ひゲイ危機一発」(トミー)なる商品だ。これは、ロングセラーを続けるおもちゃ「黒ひげ危機一発」のハードゲイバージョン。昨年末の発売を予定されていたこの商品だが、その発売に対し、まさしく本物のゲイの皆さんからストップがかかってしまったのだという。でも、いったいどうして?

 この商品はご存知の通り、キャラクターが入った樽にプレイヤーが順番に剣を刺していき、キャラクターが飛び出してしまった人が負けというゲーム。今回はこのキャラクターがレイザーラモンHGになっている。一見、子どもたちに人気が出そうな発想だが。この発売に待ったをかけたのは、同性愛や性同一性障害の教職員たちが作る団体。この団体によると「同性愛者やそれを連想させる人物を樽に入れ、剣で突き刺し遊ぶおもちゃは、同性愛者に対する差別で、子どもにも偏見を植えつける可能性がある」とのこと。メーカーと番組に発売中止を求める文書を提出していた。

 ではこの商品、発売されず幻の一品となってしまうのか?

 いえいえ、予定通り昨年末には発売されています! これに関して発売元のトミーは、「剣で縄を切って、樽の中のキャラクターを救出するのがコンセプト。それをしっかりとお伝えした上で、消費者の方にも誤解のないようその背景を説明していきます」とのこと。同性愛団体は今後の対応については検討中としているが、ホームページ上で再度要望を掲載するなど、密かにこの論争は続いているようだ。

 それにしても、あのゲームが剣で捕らわれた海賊を助けるという意味だったというのは意外です。私もてっきりいじめられているのかと。そうすると、飛び出して助け出した人が負けというルールはおかしくない? と思ってしまうのは私だけでしょうか・・・。(石橋夏江/verb)
2006年01月13日00時10分
2006/01/13(金) 14:06:36 ・ ゆ@シンポシオン (URL) yra9SvHk ・ [編集...]
▼ いつものことですね?ゲイ・アクティビストの仕掛けた騒動は。
私もてっきり
また、プロの抗議結社のゲイ・アクティビスト(ゲイリブ)が
大多数の人が気にも留めない些細なことを、
またしても、いじめられていると被害妄想を扇動すべく大げさに騒いで、
社会問題化して騒動をおこしたのだな?と感じました。

相変わらず騒動ばかりひきおこすのですね?
ゲイ・アクティビストというプロのクレーマー集団は。
2009/11/13(金) 06:11:27 ・ ホモリブ (URL) 4okRC2TE ・ [編集...]
▼ そうだ、もっと騒ぎを起こそう
>ホモリブさん
そもそも「プロ」のアクティビストではなく、
そのような活動を好ましいとされない社会で
自分の職や立場を危険にさらしかねない教職員や学生が
このような行動をしているにも関わらず、
「プロの抗議結社」としてさも現在バッシングされがちな「利益団体」として
相手を中傷するなど、
品位に欠けると思います。
もともと、品位なんて気にもしてないんでしょうけど。

しかし、

「大多数の人が気にも留めない些細なことを、
またしても、いじめられていると被害妄想を扇動すべく大げさに騒いで、
社会問題化して騒動をおこしたのだな?と感じました」

と、「騒動」後、3年たってもまだ気にしてくれる人がいるなんて、
騒いだ甲斐があったというものです。
元気をいただきました。
ありがとうございます。
これから、もっと騒いで、もっと社会問題にして、
大多数の人が気にもとめない些細なことを
何年経った後も人が気になるような事件にしていきたいと思います。

がんばらせていただきます!
2009/12/01(火) 12:19:37 ・ kk@シンポシオン (URL) - ・ [編集...]
▼ 組織的な抗議組織のゲイリブアクティビストは「日本人拉致問題」と「チベット問題」と「ウイグル問題には口を閉ざす
ゲイアクティビストは

決して社会で話題になっている
「北朝鮮による日本人拉致問題」や
「チベット問題」や、「ウイグル問題」にはゲイリブアクティビストは口を閉ざすのに、

不法滞在のイラン人のことに関してはゲイリブアクティビスト総動員で抗議するんですね?

日本人のゲイリブアクティストなら、
どうして日本人拉致の問題で朝鮮総連に抗議したりしないのでしょうか?????

君が代日の丸訴訟に抗議したとmixiの日記で誇示した
ゲイアクティビストの都立高校教師や

あの学芸会にも劣る東京プライドパレード(ゲイパレード)えお大手マスコミに無視されたと騒ぎたてたゲイリブアクティビストジャーナリストに呼応して
ゲイリブ総動員で大手マスコミに抗議を仕掛けたり

トミーが販売予定だった黒ひゲイ危機一髪をゲイリブアクティビスト総動員で
販売中止に追い込んだのに

それらの組織的な抗議活動に名前を連ねたゲイリブアクティビストが
揃いも揃って誰一人として
日本人拉致問題にもウイグル問題にもチベット問題にも言及しないのはどういうことなのでしょう?




2010/01/06(水) 22:09:34 ・ 不思議 (URL) rrOpGgJ2 ・ [編集...]
▼ 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/01/19(火) 23:24:36 ・ () ・ [編集...]
▼ 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/01/19(火) 23:29:05 ・ () ・ [編集...]
▼ 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/11/18(火) 01:49:31 ・ () ・ [編集...]
▼ 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/11/21(金) 20:29:42 ・ () ・ [編集...]
▼ 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/12/16(水) 18:50:30 ・ () ・ [編集...]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
セクシュアルマイノリティ教職員ネットワークは、株式会社トミーがTBS番組「爆笑問題のバク天!」とのタイアップ企画として2005年12月30日に発売を予定している玩具「黒ひゲイ危機一髪」http://www.tomy.co.jp/kurohige/に対して、次のような問題点があるので、販売取りやめ ...
2005/12/23(金) 17:04:09 ・ TransNews Annex
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。